« 「いいひと、辞めました」ふかわりょう | Main | 村瀬秀信さんインタビュー 前編(全2回) »

May 16, 2024

「爪切男さん一日書店員withサイン会リターンズ」のおしらせ

2022_20240516113001

(※写真は前回のものです)

『クラスメイトの女子、全員好きでした』文庫化&ドラマ化記念・爪切男一日書店員withサイン会リターンズ』


5月下旬に『クラスメイトの女子、全員好きでした』が文庫化、7月にはドラマ化される爪切男さんが伊野尾書店でふたたび「一日書店員」として働きながらサインする『一日書店員サイン会』を開催します。
(2022年7月に続いて二回目の開催)

サイン会といっても、当日爪さんは伊野尾書店の「店員」として文庫カバーを折ったり、清掃をしたりと普通に働きます。

サインが欲しい方は、当店で本をご購入のうえ、黙々と労働中の爪さんにお声がけください。

また、他のお客様の邪魔にならなければ「働く爪切男」を撮影していただいてかまいません。

入場無料・予約不要ですので、時間内にご自由にご来店ください。
(混み合ってきた場合は順番待ちの待機をしてもらうことがあります)

みなさまのご来店をおまちしております。


【日時】 6月1日(土)14:00~19:00 

【場所】 中井・伊野尾書店 (地下鉄大江戸線中井駅A2出口となり


【サイン対象書籍】爪切男さんの本

・「クラスメイトの女子、全員好きでした」(文庫版)※新刊 
・「きょうも延長ナリ」
・「死にたい夜にかぎって」(文庫版)
・「もはや僕は人間じゃない」
・「働きアリに花束を」

 

【新刊案内】

文庫『クラスメイトの女子、全員好きでした』
2024年5月21日発売
660円(税込)
文庫判/256ページ
ISBN:978-4-08-744647-0

「おまえは、女の子と恋はできないだろう」。
突然、父から突然の宣告を受けた少年は、クラスメイトの女子をひたすら観察することにした。
宇宙一美しいゲロを吐く女の子。水の飲み方が妖怪みたいな学校のマドンナ。憧れのプロレスラーそっくりの怪力女番長。    全員素敵で、全員好きだった。
面白くて、情けなくて、ちょっぴり切ない恋の記憶。
読めばきっと、恋をしたくなる! 
全21編のスクール・エッセイ。

https://www.shueisha.co.jp/books/items/contents.html?isbn=978-4-08-744647-0 

【著者情報】
爪切男(つめ・きりお)
1979年香川県生まれ。
2018年『死にたい夜にかぎって』でデビュー。同作が賀来賢人主演でドラマ化されるなど話題を集める。
著書に『もはや僕は人間じゃない』『働きアリに花束を』『きょうも延長ナリ』など。

https://twitter.com/tsumekiriman

 

【ドラマ化情報】

『クラスメイトの女子、全員好きでした』がドラマ化されます!

https://www.ytv.co.jp/classmate/

読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト木曜ドラマ
2024年7月11日(木)よる11時59分スタート
出演 木村昴・新川優愛 ほか

ご期待ください!

 

« 「いいひと、辞めました」ふかわりょう | Main | 村瀬秀信さんインタビュー 前編(全2回) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「いいひと、辞めました」ふかわりょう | Main | 村瀬秀信さんインタビュー 前編(全2回) »