« 2024年ゴールデンウィークの営業につきまして | Main | 「爪切男さん一日書店員withサイン会リターンズ」のおしらせ »

May 14, 2024

「いいひと、辞めました」ふかわりょう

Photo_20240514185501

〇「いいひと、辞めました」ふかわりょう(新潮社)

四十路の独身男、平田の悩みはモテないことだ。
結婚はおろか恋人もできない。
彼を知る女性たちは決まってこう言う。
「いいひとなんだけどね…」

平田は喫茶店の隣の席で「元彼とやっちゃった」というあけすけな話をしていた二人の女性たちと出会う。意を決して話しかけて意見を聞くと、彼女たちはこう言う。

「いいひとっていうのは、他にほめるところのない、断るときの免罪符として使うのよ」
「それ自体は無害というか、無味無臭。無味無臭だから惹かれるものはない」

「いいひと」が褒め言葉だと思っていた平田はショックを受け、「いいひと」を脱却しようとするが慣れない行動はストレスとなり、体調を悪くしてしまう。
そんなある日、平田は登録しているがちっとも上手くいかない結婚相談所のスタッフ・姫野から『サイテー男養成所』という不思議な施設を紹介される。
ここに通えば「いいひと」は辞められるらしい。
意を決して養成所に通いだした平田は、教官の厳しい教えを守り、徐々に「サイテー男」になっていく…。


これは面白かった。
完全に「笑うせえるすまん」か筒井康隆の小説だ、と思った。
リアリティの枷を少しずつ外していく展開の作り方が上手い。
「笑うせえるすまん」や筒井康隆だったら最後はだいたい破滅のオチになるが、さて…と思いながらどんどん読んでしまった。
どういうオチかは言わないので読んで確かめてほしい。
ただ「ふかわりょう、小説上手いな」と思うことは間違いない。

« 2024年ゴールデンウィークの営業につきまして | Main | 「爪切男さん一日書店員withサイン会リターンズ」のおしらせ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 2024年ゴールデンウィークの営業につきまして | Main | 「爪切男さん一日書店員withサイン会リターンズ」のおしらせ »