« 「ザ・キングファーザー」田崎健太 | Main | 営業時間変更のお知らせ »

February 26, 2020

昨今の店頭風景(2/26)

昨今の店頭風景とその雑感を書いていきます。


・とにかくマスクをしているお客さんが多い。8:2くらい。女性は9割くらいマスクしている印象。
どこで買ってるの?


・これだけな風潮になると従業員にマスク着用をさせないと

「あそこは意識が低い」「店員がマスクもしてないなんて」

という評価が一定出てくるので、明日から従業員にさせようかと思っています。

が、以前風邪用に買っておいたマスクを一日一枚スタッフに渡していくとおそらく一週間しないうちに切れる。
その先どうするの?というのもあるが、もうやるしかない。

なんかほんとに「マスクするのが礼儀」になってる。
これは後年「2020年冬の街の光景」として令和の歴史に残るだろう。(オイルショックでトイレットペーパーを求める光景的に)


・お客さんの数は微減もしくは横ばい。
そもそもコロナウィルスが流行る前から書店の来客数は微減しているので、ある種変わっていない。
むしろ来てくれてる方なのかもしれない。
中井自体人が少ないような気もするが、それも以前から少なくなってきているのでよくわからない。
繁華街の飲食店の来客数が激減している、という話があるが大丈夫だろうか。


・今月末から来月の付録つき雑誌の付録が大半中国製作なため、内容を変更もしくは付録なしへの変更連絡がちょこちょこ入ってる。明確にダメージ。


・注文出してる岩田健太郎先生の本はまだ来ない。来たからって売れるものでもないかもだが。
カミュの「ペスト」とか仕入れてみたが見向きもされていない。
小松左京の「復活の日」はちょっとやめておいた。


何が売れてますか、って聞かれると相変わらず「鬼滅の刃」。
圧倒的に鬼滅。
悪魔的に鬼滅。
数だけで出すとマジでランキングの1位~10位を独占。

それ以外で言うと

「文藝春秋」3月号(芥川賞作品掲載号) 23冊
「反日種族主義」7冊
「なんで僕に聞くんだろう。」 6冊(サイン本含む)

意外に売れてるな、ってのが

「どこからお話ししましょうか」  柳家小三治  4冊
「早川ユミのちくちく服つくり」  早川ユミ   3冊

とかそんな感じ。
店長推し中の「月まで三キロ」が5冊。


・スタッフさん(主婦)の旦那さん(SE職)の同期の出向先でコロナ感染者が出た、とか聞く。遠い。近くにやってくるんだろうか。


・とにかくコンサートからサッカーからプロレスから書店イベントまでいろんな催しが中止になってるが、これマジで倒産とか失職とか出るよね?
なんてうちも今後激減するかもなのでまったく他人事ではないのだが。

3.11の原発事故直後の空気と似ている、という声を聞く。
東京以外はどんな感じなのだろう。

 

« 「ザ・キングファーザー」田崎健太 | Main | 営業時間変更のお知らせ »