« 『まちの本屋のおすすめ文庫2020』開催しています | Main | 月まで3キロ »

January 24, 2020

まついなつきさんのこと

まついなつきさんと面識ができたのは窪美澄さんをプロレスに誘ったときだったと思う。

窪さんがまついさんと懇意で、「彼女プロレス好きだから誘っていいか」みたいなことを言われて「もちろん」となった。

結果的に窪さんのプロレス観戦は延期になるのだが、まついさんとはそこからのつながりだ。


まついさんは、私が本屋の仕事を始めたくらいの頃によく本を出していた。

「笑う出産」がベストセラーになったときのことは覚えていないが、コミックエッセイはよく出てた記憶がある。


まついさんもDDTが好きで、中澤マイケルと仲が良かったそうだ。

何年か前に西武新宿沿線に引っ越してからはときどきお店にいらしていただいた。

特に「来ました」みたいなことを言うこともなく、気がついたら店内にいた、ということが多かった。

「声かけてくださいよ」と言うと「普通にお客で買い物しに来てるから」と言われた。

まついさんは常に一定の距離を保った。


その後まついさんは柳澤健さんと古い付き合いであることを知って(『ぱふ』の同僚だったそうだ)、柳澤さんのイベントを開催したときに壇上で読むメッセージをお願いしたことがある。

「えー私締め切り迫ってるのよー」と言いながらまついさんは愛情と笑いに満ちたメッセージを送ってくれた。


その何年か後に毎年行ってるDDT両国国技館大会観戦ツアーに柳澤さんと一緒にまついさんも来てくれ、終わったあとの懇親会にも参加してくれた。

アンドレザ・ジャイアントパンダがDDTに初めて出た日で、「すごく楽しかった!」と笑ってたのを覚えている。


まついさんは中野で占いの仕事もしていた。

一度だけ「まついさんに占ってほしいことがあるんですが」と連絡したことがある。

「いいけど、どんなこと見てほしいの?」

というまついさんに

「本屋をいつまで続けたらいいか、と思いまして」

と言うと

「あー、そういうのダメ!私わからないから。私が見られるのは恋愛とか。伊野尾さんも恋愛で悩んだら来て」

と門前払いされた。

既婚で子供がいる人間が持ち込む恋愛相談は結構ヘビーなんじゃないかな…と思いながら、もしそういうときが来たらまついさんに相談しよう、と思っていた。


まついさんが亡くなった、という知らせはポカッと胸に小さな穴を開けてしまった。

そんなに近しい関係ではない。

どちらかといえば常に適切な距離を開けられてたと思う。


それでも「なにかあったらこの人に相談しよう」という最短距離にいた人だった。

あまり近すぎないから、なんでも言えるような気がしていた。


いま思うのは、まついさんは私が店を続けるかどうか相談しにいったあの時、見ようと思えば普通に占いとして見ることはできたのではないか?ということだ。

たぶん、占うことはできたんだろう。

けどまついさんはそれをしなかった。

「店のことは伊野尾さんが決めることだよ」と言外に言われた気がしている。

結局、経営問題はその後2人の人に相談して、ある人に言われたことがきっかけでずっと続けることにしたのだが、そのことはまついさんにあらためて言っていない。

ときどき思い出したようにツイートをリツイートされたりする。

「ああ、まついさん見てくれてるんだな」と思う、それだけの関係になった。

まついさんからは「人にたよりすぎないように」というメッセージをもらってた気がする。

もちろん本人にそのつもりもなく、普通に距離をとっていただけかもしれないが、きっといろんな人がまついさんに話を聞いてもらい、まついさんに未来を占ってもらい、まついさんの本に救われたりしたんだと思う。


まついさんにに恋愛相談する機会は永遠になくなってしまった。

いまだに相談するようなことは起きていない。

けどこれからはもしそういうときが来たら「そんなの伊野尾さんが解決しなさいよ」と言うような気がする。


Twitterを開く。まついさんのアカウントを見る。

名前のわからない黄色のアイコンが今日も昨日と同じ表示をしている。

「フォローされています」という表示を見ると、まだまついさんとつながっている気がする。


Screenshot_20200124185929

« 『まちの本屋のおすすめ文庫2020』開催しています | Main | 月まで3キロ »