« 年末年始の営業につきまして | Main | 伊野尾アワード2019 »

December 24, 2019

「スワン」呉勝浩

321905000425 

〇「スワン」呉勝浩(KADOKAWA)


4月の日中、ショッピングモールで起きた無差別乱射事件。

21人が死亡、多数の重軽傷者を出した凄惨な事件は犯人も死亡することで幕が引かれる。

しかし後日、犯人に接触し『次に殺す人間はお前が選べ』と指示され、結果的に生き延びた少女に非難が集まる。

彼女が隠す「事件の最中に起きていたこと」は何か?


日常の中に突然発生した殺人事件で、居合わせた人のうち何人かに「他人に言えないこと」が生まれる。

それがなんだったのか、突き止めようとする弁護士。

偽証し、黙秘し、何かを隠す当事者たち。


常に誰かが「言えないこと」「言わないこと」を抱え、それを明らかにしようとしていく展開に読みふけってしまった。

正義とは何か。

「悲劇を乗り越える」とは具体的にどうなったら「乗り越えた」ことになるのか。

「『悲劇』はもうひとつの顔を持つ」のコピーが重い。


森村誠一の「人間の証明」を思い出した。あれも角川だった。

この作品もいずれドラマか映画になりそう。

徳下弁護士は堺雅人がやるような気がする。


(H)

« 年末年始の営業につきまして | Main | 伊野尾アワード2019 »