« 「新潮社の百田尚樹ヨイショ感想文キャンペーン」について思ったこと | Main | 10/12(土)は臨時休業となります »

October 10, 2019

プロ野球にギリギリ入れた男たちの人生― 村瀬秀信「ドラフト最下位」

〇「ドラフト最下位」村瀬秀信(KADOKAWA)

Photo_20191010000701


毎年秋に行われる、プロ野球の新人選手獲得会議「ドラフト会議」。
甲子園で活躍した高校選手、大学・社会人で活躍する選手がどこのチームに入るのか注目を集める一方で、ほとんどの人に知られないところで下位指名されている選手がいる。
会議開始から数時間後、有名選手の所属球団がすべて決まり、ニュース速報が落ち着いたころでも球団によってはまだ選手を指名・獲得している。
そうして結果的に最後に名前を呼ばれた選手。
そういった、その年のドラフトで「最後まで残っていた選手」にスポットを当てたノンフィクション。

16名の「ドラフト最下位指名」選手がそれぞれの人生を語る。

 


高橋顕法は1992年ドラフトの一番最後に広島東洋カープに名前を呼ばれた。ドラフト8位だった。

高橋は名門・仙台育英高校出身。
しかし甲子園はおろか、地方大会にも出ていない。
それどころか仙台育英高時代、ベンチ入りすらしていない。

いったいどういうことなのか。
なぜそんな選手(試合に出ていないのにそう呼んでいいかも不思議だが)をカープは指名したのか。
どうやって見つけてきたのか。

 


三輪正義は2007年の大学生・社会人ドラフト6巡目でヤクルトスワローズに指名を受けた。
しかしここに至るまでが波乱万丈である。

山口県出身の三輪は下関中央工高に進学。ショートのレギュラーだったが、甲子園出場はしていない。
最後の夏は県大会決勝戦まで進出するも、ケガで試合を欠場。

当時の監督は三輪のことをこう語る。

「時間をかけて野球を覚えていった子でしたが、プロに行くような選手とは思いませんでした」

この時点で三輪の人生に「プロ野球」という行き先は出てこない。

高校卒業後も三輪は野球を続けようとした。
しかし三輪を獲得したいという大学、社会人チームはなかった。

三輪は「野球をやれる」条件で就職活動をするが、なかなか見つからない。
とある社会人野球名門企業の最終面接まで進むが、ある発言が引っかかって落選。
監督の伝手で、地元・山口の山口産業という燃料取扱商社に入社。
そこは野球部があった。ただし、軟式野球部。
同じ野球でも、プロ野球の硬式野球とは「別物」と見なされる競技だった。
三輪は県内のガソリンスタンドに務め、オイル交換、タイヤ交換をし、危険物取扱の資格を取った。
週に3回、就業後に軟式野球の練習をして、土日に試合をする。

堅実な生活。
いずれは幹部としても…という評価もされていた会社を、三輪は入社3年目で辞めてしまう。

21歳、無職。次の道は決まっていない。

ここからどうやってプロ野球へつながるのか。

 

 

「ドラフト最下位」には16人の人生が描かれる。
2000本安打を達成した福浦和也から、一軍1試合出場というだけで終わった選手まで、そのキャリアは多種多様。

共通しているのは「プロ野球に入ることが人生の目的ではない」ことで。

どんなに活躍した選手でも、いつかは選手としてやめるときが来る。
選手をやめても、人生はその後も続く。

 

 

著者の村瀬秀信さんはこの連載企画を始めた意図をこう説明する。

「プロ野球選手になれた人。なれなかった人。その境目はどこにあるのか。
その境目にいた人たち、つまりギリギリで入団した選手たちのことを知れば、それが少し見えてくるのではないかと思った」


スポーツは仕事と違う。

どんなに才能があっても、身体を壊してできなくなってしまう選手がいる。

どんなに才能があっても、試合でそれを発揮できない選手がいる。

能があるとはいえなくても、努力で「必要とされる」選手になり、長く続けられる人もいる。


選手は人生のすべてを捧げて野球に邁進するが、実際には野球は人生のすべてではもない。

野球で活躍しても引退後に身を崩してしまう人もいる。

野球では活躍できなかったものの、引退後にビジネスで成功する人もいる。指導者として選手を育てる側に回る人もいる。


この本を読んでいくと、野球以上に人生がわからなくなる。

しかし「人生がわからない」のは、私たちも同じだ。

野球はいつも必ず同じ選手が打つわけではない。いつも必ず同じチームが勝つわけでもない。
年俸数億円の日本を代表する名投手が初めて一軍の試合に出た若手選手に打たれることもあるし、圧倒的な強さを誇るチームが最下位のチームに負けることもある。
同じチームの選手をして「こんな奴がよくプロに入れたな」という選手が数年後トップ選手になることもあるし、長く活躍すると思ったらあっという間に引退してしまう選手もいる。

私たちは野球に「わからない人生」を仮託して見ている。

 

 


※高校時代「まさかあいつがプロ野球選手になるとは思わなかった」と思われていた三輪正義は12年もの長期にわたってスワローズでプレーし、今年2019年秋に現役を引退した。

9月22日のヤクルト巨人戦終了後には三輪の引退セレモニーが行われた。
降りしきる雨の中、三輪はずぶ濡れになりながらベースを一周。
最後にホームベース上のブルーシートにヘッドスライディングを披露する姿をチームメイトは笑いながら見送り、ファンは「いいぞ!いいぞ!三輪!」の声援で送り出した。

 

 

 

« 「新潮社の百田尚樹ヨイショ感想文キャンペーン」について思ったこと | Main | 10/12(土)は臨時休業となります »