« 「恋愛経験がないままこの年まで来てしまった方は、自己評価は低いのに自己愛は人より強かったしますよね」 ~辻村深月『傲慢と善良』 | Main | 9/23(月・祝) 臨時休業のお知らせ »

August 24, 2019

二重、三重にまとわりつく不安~ 「ストーカーとの七〇〇日戦争」内澤旬子

Photo_20190824001201  

〇「ストーカーとの七〇〇日戦争」内澤旬子(文藝春秋)

著者の実体験ノンフィクション。
「それまでの恋人」だった男は、別れ話を切り出してから情緒不安定になり、話の通じない怒りの怪物になってしまった。
こちらの話をまったく聞くことなく、一方的に怒りのメッセージを送り続ける。
やがて男の威圧は周囲の人を巻き込み始め、著者は警察に相談。
そして男は逮捕される。
ところがここからが本当の「戦争」だった…。
襲撃予告と取れるメッセージをずっと受け続け、飼っているヤギも狙われるのでは…という不安と緊張は著者の生活から安寧を奪い、何をしてくるかわからない不安は恐ろしい妄想を呼ぶ。
著者は精神を疲弊していく。
しかし著者に平穏は訪れない。
ストーカーから被害者を救うはずの警察、弁護士、検事は「それぞれの職務の持ち場」を守るだけで、精神的な救いの手は伸ばさない。
彼らは「法的な正しい処分」を進めることが第一で、被害者の心理的カウンセリングは関与しない。
彼らが関心あるのは「組織や法曹界の中で評価されること」であって、「被害者の不安を取り除く」ことには興味がない。
1秒でも早く示談にするためには必要な情報を依頼者に伝えないこともいとわない弁護士が恐ろしい。
まったくの孤独な状態で著者が精神的に追い詰められていく描写が恐ろしい。
そして警察が逮捕して、これで解決したんだ…と思ったら次のページで「Ⅱ部」と出てくるのが恐ろしい。
「ストーカー」が社会にこれだけ認知されていても、法整備や逮捕者への精神的治療がまったく進んでいないことが恐ろしい。
著者は女性であり、ストーカー被害に遭っていることをなかなか人に言えなかったことで、どんどん事態が悪化していく。
そして「地方の壁」を実感する事態がいろいろ出てくる。
話が一区切りついたはずの現在もそれまでの恐怖は拭い去られることなく残っているはずで、この本を書くこと自体、相当恐ろしかったのではないかと想像する。
読んでいて思ったのは重度のストーカーになっていく男に対して「結局暇なのが悪いんじゃないか」ということだ。
仕事や家事、育児に介護、社会活動、趣味といった「やること」がないと、どんどんどんどん悪化してしまうのではないか。
もちろん精神的に落ち着くから仕事や家事、育児に社会活動、趣味ができるというのもあるので「卵が先か、鶏が先か」になってしまう部分はあるのだが、とにかくこの「やることのなさ」がストーカー行為を悪化させている気がした。
逆に言えば今自分が平穏な精神でいられるのは「やること」がいろいろあるからで、もし自分もそういったことが失われていった場合、はたして精神を平穏にしていられるのだろうか…?という不安は残った。
もしそうなったとき、自分をそこから抜け出させてくれそうで、やはり無理…と手を離した人に恨みの感情を抑えて感謝の言葉を言えるだろうか。
今は「大丈夫だろう」と言える。
けど本当に精神的に追い込まれていたら…そのとき自分を支えるのは、何であろうか。
そういうものがあると、思いたい。

(H)

« 「恋愛経験がないままこの年まで来てしまった方は、自己評価は低いのに自己愛は人より強かったしますよね」 ~辻村深月『傲慢と善良』 | Main | 9/23(月・祝) 臨時休業のお知らせ »