« アルバイトA木のブログ:『君の膵臓をたべたい』『学校の青空』 | Main | テレビの虚実と誠実  ~若林正恭「ナナメの夕暮れ」 »

September 17, 2018

誰にも言えない家族の闇 ~島本理生『ファーストラヴ』

Photo

〇島本理生『ファーストラヴ』(文藝春秋)


第159回直木賞受賞作。

画家の父親を刺殺した容疑で逮捕された女子大生・聖山環菜は警察の取り調べに対し「動機はそちらで見つけてください」と供述した。

臨床心理士の真壁由紀は出版社から“理由のわからない父親殺し”として注目を浴びていたこの事件のノンフィクション本の執筆を依頼され、環菜とその周辺の人々に接して事件の背景を探っていく。
が、そこで由紀は事件の表面上に現れない、環菜の歪な生育環境を知っていく…。

 

気になりつつなかなか読みだせなかったのだが、読み始めたら一気に読んでしまった。
物語の放つ力というか、ストーリーの展開のさせ方が見事。
「殺人事件の犯人は捕まっているのに犯行理由がわからない」というストーリー構成は横山秀夫や東野圭吾ぽいと思った。

毒親、性虐待、自己否定、「相手が自分に望んでいるような答えを言わないと」と考えてしまう心理、満たされない愛情。
事件をきっかけに、それぞれの人物が複雑な過去を抱えていることが芋ずる式に出てくるあたりが濃いというか、重い。
「ファーストラヴ」というタイトルから初恋の話?と思ってたら、読み終わるとこのタイトルが二重三重の意味を持つことに気づく。

むかし由紀といろいろあった義理の弟にして弁護士をしている迦葉が記憶に残る。
映画化されたら綾野剛とかがやるんだろうなあ。
大学生時代の迦葉が初めて由紀に声を掛けて連れ出すくだりが素敵。

(H)

« アルバイトA木のブログ:『君の膵臓をたべたい』『学校の青空』 | Main | テレビの虚実と誠実  ~若林正恭「ナナメの夕暮れ」 »