« August 2018 | Main | October 2018 »

September 2018

September 18, 2018

テレビの虚実と誠実  ~若林正恭「ナナメの夕暮れ」

若林正恭「ナナメの夕暮れ」にこんなエピソードが出てくる。

 

ある時、若林は「ゆとり世代」「ロスジェネ世代」「バブル世代」「団塊世代」と出演者を世代別に分けて討論し合う番組に出演した。
若林自身は「世代を分けることに何の意味があるだろう」と思っていたという。

途中、「ゆとり世代」の席にいたモデルの男の子が「僕は女性に興味がない」「恋愛も結婚もしない」と発言し、スタジオは「草食系ならぬ絶食系だ!」と騒然とした。
彼は太りたくないので一日一食しか食事をせず、それもお菓子しか食べない。肌の白さを保つために日傘を差して歩く、という。

若林は内心「コメントを求められたらどうしよう」と思っていた。
「好きにすればいい」という感想しか浮かんでこなかったからだ。特に法を犯してるわけでも、他人に迷惑をかけているわけでもない。好きにすればいい。

他の出演者が彼に対しコメントしていく中、司会者からコメントを振られた若林は苦し紛れに「好きにしたらいいと思う」と言う。
すると他の共演者から「一番冷たい!」と突っ込みを受けた。

収録後、ある先輩タレントが若林に「好きにしたらいい、は無いよ」とダメ出ししてきた。
若林は素直に「すみません」と謝る。
すると先輩タレントはこう言った。
「俺たちだって本音を言えばそうだからさ」

 

テレビはポリティカルコネクトネス、有用性のある情報、エンターテイメントを並立させてできている。
若林の回答は人としてはまったく正しい。
しかしテレビエンターテイメントとしては「あれは無いよ」という評価になる。
その先輩タレントは自分の本音を押しつぶして、エンターテイメントを演ずる。

テレビバラエティは「正論」を言えば正解ではない。
見ている人に笑ってもらったり、「へええ」と思ってもらえなければいけない。
「まあ、そうだよね」はテレビでは正解にはならない。
若林と先輩タレント(いったい誰だろう)のこのやりとりは、テレビ、ひいてはメディア全般を通したときの「正論」の置かれ方を考えさせる。

 

このエピソードは「企業>国>個人」だった時代が「個人>企業>国」に変わった、とする社会論を番組で聞いた若林がそれを実感するエピソードとして挙げている。

エッセイではこのあと若林が、モデルの彼の言動が実は「自身のイメージ(若い女性ファンに対する)セルフプロデュースだったのではないか」と疑う。
実際はどうあれ、「そう見られたい」というための発言だったのではないか。
そうだとすればモデルの彼にとって大事なのは「企業」でも「国」でもなく「個人」あるいは「個人の夢、目標」であり、彼の未来を担保するものはそこにしかない以上、それは当然のことではないか、と見ている。

 

若林はその上で「自分は彼に何を言うべきだったか」を問い返し、そしてある言葉が浮かんでくる。
それがなんという言葉だったかは、実際にこの本を読んで確かめてもらいたい。
若林の人柄がにじみ出ているコメントである。

 

○若林正恭「ナナメの夕暮れ」(文藝春秋)

Photo

September 17, 2018

誰にも言えない家族の闇 ~島本理生『ファーストラヴ』

Photo

〇島本理生『ファーストラヴ』(文藝春秋)


第159回直木賞受賞作。

画家の父親を刺殺した容疑で逮捕された女子大生・聖山環菜は警察の取り調べに対し「動機はそちらで見つけてください」と供述した。

臨床心理士の真壁由紀は出版社から“理由のわからない父親殺し”として注目を浴びていたこの事件のノンフィクション本の執筆を依頼され、環菜とその周辺の人々に接して事件の背景を探っていく。
が、そこで由紀は事件の表面上に現れない、環菜の歪な生育環境を知っていく…。

 

気になりつつなかなか読みだせなかったのだが、読み始めたら一気に読んでしまった。
物語の放つ力というか、ストーリーの展開のさせ方が見事。
「殺人事件の犯人は捕まっているのに犯行理由がわからない」というストーリー構成は横山秀夫や東野圭吾ぽいと思った。

毒親、性虐待、自己否定、「相手が自分に望んでいるような答えを言わないと」と考えてしまう心理、満たされない愛情。
事件をきっかけに、それぞれの人物が複雑な過去を抱えていることが芋ずる式に出てくるあたりが濃いというか、重い。
「ファーストラヴ」というタイトルから初恋の話?と思ってたら、読み終わるとこのタイトルが二重三重の意味を持つことに気づく。

むかし由紀といろいろあった義理の弟にして弁護士をしている迦葉が記憶に残る。
映画化されたら綾野剛とかがやるんだろうなあ。
大学生時代の迦葉が初めて由紀に声を掛けて連れ出すくだりが素敵。

(H)

September 04, 2018

アルバイトA木のブログ:『君の膵臓をたべたい』『学校の青空』

お久しぶりです、A木です。
9月に突入しましたが、
皆さまお身体の調子はいかがですか。
 
私は先月、アニメ映画『君の膵臓をたべたい』の
書店員限定試写会に参加しました。
 
 
実写版では、12年後の「僕」が登場したりと
原作にはないオリジナルシーンに
ノスタルジーを感じましたが、
アニメ版では
「星の王子さま」の世界観など、
実写で表現しきれないシーンがあり、
また違った感動を覚えました。
人気邦ロックバンド、「sumika」の楽曲も最高でした。
 
9月1日から全国公開され、現在絶賛上映中です。
ぜひ、劇場に足を運んでみてください。
  
  
”夏”ということでついジャケ買いした、
角田光代さんの『学校の青空』(河出文庫)を最近読みました。

Photo

短編集ですが、一話一話がとても重くのしかかります。
学校生活での違和感や退屈さから
葛藤する少女たちの姿に、
気がつくとかつての自分を重ねていました。
 
若気の至りというのは、決して後悔だけが
セットではありません。
”簡単なことはしたくない”と流れに抗った青春時代は、
今の私たちに「このままでいいの?」と問い続けます。
私は、大人になるにつれて
自分がだんだんつまらない人間に
なっていくような気がしていましたが、
いくつになっても退屈な日常から抜けだす行動力は
捨てたくないと思いました。
 
皆さんも、
平成最後の夏
若気の至りを封印せずに、
いつかの自分と対峙してみてはどうでしょうか。
 
それでは、また。
 
(A木)

September 03, 2018

歪な友情と閉鎖環境のハレーション ~「送り火」高橋弘希

Photo

○「送り火」高橋弘希(文藝春秋)

歩は中学三年生。
親の仕事の都合で東京から青森の山間部に引っ越すことになる。
12人しかいないクラス、うち男子6人の中に溶け込めるか懸念するがリーダー格の晃と最初に校外で親しくなったのが好転し、男子グループの中でうまく居場所を作る。
『僕は転校が多いから、こういうのは慣れている』と自認する歩だが、他の男子グループの5人には歪な力関係が働いていることに徐々に気づいていく…。

 

読んでいて藤子F不二雄『少年時代』を思い出した。
疎開と転校、昭和20年と現代、と差異はあれど「閉鎖環境で生まれる歪な友情」というテーマと、全体の雰囲気がよく似ていると思う。

高橋弘希は『日曜日の人々』もそうだったが「静かに迫りつつある不穏な気配」の書き方がすごく上手い。
文字で見ても正確な解読が難しい青森弁と里の情景がその不穏さに拍車をかける。

 

誰にでも読ませたいかというと「いやまったくそんなことありません」と即答するくらい黒い話だが、個人的には嫌いじゃない。
高橋弘希はこういうどす黒い人間の関係性をもとにした長編を書いたらすごいものが出てくるような気がする。

(H)

« August 2018 | Main | October 2018 »