« May 2018 | Main | July 2018 »

June 2018

June 27, 2018

読めば考えが変わる本 ―「児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか」

Photo

〇「児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか」杉山 春 (朝日新書)
 
近年、児童虐待死事件は常にセンセーショナルな報道をされる。
多くは「自分勝手で暴力的な若い親が、小さくていたいけな幼児を酷い目に遭わせて死なせる」という文脈で伝えられる。
亡くなった幼児を知る周囲の人間が「あんなかわいい子だったのに」と悼むコメントがセットになる。
 
そしてそのたびに「警察は何をやっているんだ」「児童相談所の過失ではないか」と責める声が激しく上がる。
当該の児童相談所には業務に支障をきたすほどの電話がかかってくるという。
 
しかしメディアは次から次へと新しいニュースを伝えていくので、何日か経つとこれといって新しい情報も出てない虐待事件の報道は急に減っていく。
そして何事もなかったように静かに消えていき、別のスキャンダラスなニュースに「世間」は追われるようになる。
数年後、また同種の事件が発覚するまで。
 
杉山春さんはずっと家族問題を中心としたルポルタージュを書いている。
2000年、共に21歳だった若い夫婦が3歳になる自分たちの娘をダンボール箱に押し込め、餓死させた事件。
2010年、23歳の母親が、3歳の女児と1歳9か月の男児を自宅に約50日間にわたって放置し、餓死させた二児置き去り死事件。
 
杉山春さんは当時メディアで大きく報道されたこの二つの児童虐待事件を細かく取材して本を出している。
「ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか」 (小学館文庫)
「ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件」 (ちくま新書)
先般、杉山さんは上記二つの事件と2014年に厚木市で発覚した5歳幼児の白骨化餓死事件、さらに2015年に起きた川崎市の中学一年生殺害事件の取材記録を加え「児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか」という本を出版した。
この本は、できるだけたくさんの人に読まれてほしい。
杉山さんは加害者の親を安易に断罪しない。叱責もしない。「こんな世の中は」と嘆きもしない。
ただ淡々と、「加害者」となった若い親のパーソナリティが伝わる来歴を調べ上げ、どのような環境の中で生育していたかを書き連ねる。
 
若くして結ばれた幸福なはずのカップルが、やがて破綻を迎え、そのとき親権を残された人間が自分一人で生きていくのも苦しい環境で、どのようにして小さな子供を育てようとし、壊れていったのかを徹底した取材であぶりだす。
そこに出てくるのは鬼畜のような親が小さな子をいたぶる姿ではなく、「真面目な」若者が「どうしていいかわからなくなった」末、判断を放棄していく辛い事実だ。
 
その「どうにもならなく」「誰に頼ることもできず」抱え込んでしまう過程を、杉山さんは社会基盤の不備を責めることはあっても個人のせいにすることなく、丹念に掘り下げる。
「おねがいゆるして」は強烈だ。
ほとんどの大人はあれを見て胸をギュッと掴まれるような気持ちになったんではないか。
 
でも、だからこそ、沸きあがる感情の前に、知ってほしいのだ。
事件を起こしたのは悪魔ではなく、我々と一緒の人間であるということを。
なぜどうにもならなくなってしまうのかを。
遠くから「可哀相」と言うのは、娯楽だということを。
警察が踏み込めばそれで解決、というわけではないということを。

Dsc_3004

(H)

June 15, 2018

岩波ジュニア新書フェア

毎月、月替わりで開催してるフェアは基本的に「普段店頭に出ていない商品、目立たない本」を押し出す目的でやってます。

 

今月のフェアは「岩波ジュニア新書フェア」。

今までほとんど店頭に並んでいなかった、面白そうな本だけをこちらで指定して集めました。

 

Photo_2

どの本も面白そうですが、特にこれが気になったので読んでみました。
 
〇「5アンペア生活をやってみた」斎藤健一郎(岩波ジュニア新書)

5


自宅の電気料金が毎月いくらぐらいか、知ってますか?
私はぼんやりとしか答えられません。
 
自宅の電気契約が何アンペアが答えられる人は、どれくらいいるでしょうか?
私の家はたしか30アンペア…だった気がしますが正確にはわかりません。
 
普通のワンルームマンションだと、だいたい30アンペアあたりが多い。
一軒家だと40アンペアぐらい。
たぶん、普通の人は家の中で使う家電製品がどれくらい電気を使っているか、認識していないと思います。
 
家電製品は使用状態によってアンペア数が違ってて、最大値で考えるとだいたいこのぐらい。
 
・電子レンジ(15A)
・炊飯器(13A)
・ドライヤー(12A)
・電気ストーブ(10A)
・掃除機(10A)
・エアコン(7A)
 
つまり20アンペアで契約した部屋だと、炊飯器でご飯炊いているあいだに電子レンジを回すとそれだけでもうブレーカーが落ちる。
実際は照明(1A)だったり冷蔵庫(2.5A)だったり、こまごまと電気を使っている家具はいろいろあるのでもう少し手前で落ちるかもしれません。
そんな電気を、極力使わないで生活をしよう、と考えた人がいる。
それがこの本の著者、斎藤健一郎さん。
なぜ斎藤さんがそんなことを考えるようになったか。
それは2011年3月の東日本大震災がきっかけだった。
 
朝日新聞郡山支局に勤めていた斎藤さんは福島県で被災する。
大きな地震は街のあちこちを破壊し、斎藤さんの自宅も半壊して玄関から出入りできない状態になりました。
 
しかしそれ以上にショッキングなのは原発事故。
斎藤さんは現地記者として24時間体制で東京電力、福島第一原発などを取材する。
そこで湧き上がる「これから福島はどうなってしまうんだ」という不安。
さらにつらかったのが避難所の人々、産業を断念せねばならなかった人々、福島から離れた人々への取材だった。
取材を通じ、斎藤さんは原発事故の原因となった政府、東電に対して大きな怒りを持つようになります。
そして原発が作っている「電力」を自らが生活の中でいいように享受していることに疑問を持つ。
 
現代において、完全に電気を使わない生活は難しい。
しかし、不必要に電気を使わない生活はできるはずだ。
そうして斎藤さんは電力契約の最低単位である「5アンペア生活」を始める…。
 
読んでいくと、いかに自分が普段電気に無関心でいるか、思い知らされます。
昔からある家電より、最近になって開発された家電の方が電力を使う傾向にあるのは意外でした。
エアコン、冷蔵庫、掃除機、炊飯器…。
今では当たり前の道具はみな結構電気を使う。
それなしで、本当に生活できないんだろうか?
 
斎藤さんはいろいろな方法を試して「家電の代用」を考えていきます。
しかし、そんな斎藤さんも普通の社会人であり、現代生活との折り合いを考えないといけない場面が出てくる。
そのときの思考の流れが大変面白いです。
 
人は生活スタイルを変えることに心理的抵抗を覚える。
だがその多くは「なんとなく」で受け入れてしまっているものにすぎないのではないか?
 
節電生活を突き詰めていく斎藤さんに最後で待ってるある環境変化(ちょっとびっくりした)が非常に面白いです。
いろんな「当たり前」を疑うことから見えてくるものはたくさんあるんだな、と気づかされる本です。
 
(H)

« May 2018 | Main | July 2018 »

My Photo

他のアカウント

ご注文はこちらまで

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31