« 何もないところから世界最高峰のブランドを作った男 ~『SHOE DOG』 | Main | アルバイトA木の推薦本シリーズ 「地下の鳩」 »

December 12, 2017

「この地獄を生きるのだ ―うつ病、生活保護。死ねなかった私が『再生』するまで。」

小林エリコさんは短大卒業後に就職浪人を経験し、ようやく仕事を見つける。
エロ漫画雑誌の編集職だった。
やらないといけない仕事があまりに多く、働いても働いても終わらない。
その分の残業代はつかない会社だった。
社会保険も入れてもらえず、ボーナスもない。
月給は12万円。
固定で、どれだけ働いてもそれ以上増えることはない。
 
常にお金が手元にない。
お金がないことは、日々の支出に多くの制限をつけなくてはいけないということだ。
そんな状態にありながら、今日も朝から深夜まで働かなければならない。
小林さんは次第に心が耐えられなくなってくる。
精神科の医者に行き、処方された薬を飲むようになる。
あるとき、ついに耐えられなくなり、アルコールと一緒に余っていた向精神薬をまとめて飲む。
小林さんが意識を取り戻したのは、病院のベッドの上だった。
傍らに両親がいるのを確認して思った。
「ああ、私は死ねなかった」
 
そしてここから、小林さんはいろいろなものを失い始める。
仕事、精神の安定、一人暮らしの部屋、一人の時間。
そして生活保護の支給と引き換えに、自由を失う。
わたしたちは普段あまりにも意識していない。
自分の生活が、精神が、ちょっとしたことで崩れ去ることを。
崩れ去ってから、「普通に暮らす」と呼ばれている元通りの場所に戻ることがいかに至難なことであるかを。
 
『この地獄を生きるのだ』には圧倒的な「地獄」が描かれる。
心を崩したらそれで終わりじゃない。
実家に戻ったからといってそれで終わりじゃない。
底がないこと、終わりがないこと、戻る世界に戻る道が見えないこと――ここでいう「地獄」とはそういうことだろう。
そしてこの地獄は、ちょっとしたことで誰しも落ちる可能性がある。
 
そんな地獄から、小林さんは再生する。
奇跡的、とは呼びたくない。
巡り合わせの幸運はあれど、基本的には再生するために、「普通の生活」に戻るために、やれることを一生懸命やったからこそ再生できたんだと思いたい。
小林さんがどのようにして再生できたか、読んでほしい。
 
「地獄」だった人生が「捨てたもんじゃない」に変わっていく。
「地獄」が誰しも落ちる可能性があるところならば、「天国」もまた誰でも昇れる可能性がある。
人生において絶望と希望はいつも同じ箱に入れられている。
たまたまその両方を見た、稀有な記録がここにある。
 
「仕事とはこの社会全体を人々がうまく回していくことだと思う。自分がホチキス留めした資料もこの社会を回すための役に立っているのだ。その証拠に、対価としてお金が発生する。自分がこの社会で必要とされているという実感は、私に自尊心を取り戻した」
(第五章「普通に働き、普通に生きる」)
 
「この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が『再生』するまで。」小林エリコ(イーストプレス)

https://konojigoku.tumblr.com/
 

Photo

 

« 何もないところから世界最高峰のブランドを作った男 ~『SHOE DOG』 | Main | アルバイトA木の推薦本シリーズ 「地下の鳩」 »