« October 2017 | Main

November 2017

November 06, 2017

「中井文庫2017」最終結果など

「中井文庫2017」はご好評のうちに10月31日で終了しました。
最終結果はこんな感じになりました。

1、「臣女」吉村萬壱(徳間文庫) 【こだまさん推薦】
2、「『いい人』をやめると楽になる」曽野綾子(祥伝社文庫) 【中井駅前クリニック・武永さん推薦】
3、「男たちへ フツウの男をフツウでない男にするための54章」塩野七生(文春文庫)【合気道仙元館・高島さん推薦】
4、「ドキュメント気象遭難」羽根田治(ヤマケイ文庫)【春日太一さん推薦】
5、「たった一人の生還  『たか号』漂流二十七日間の闘い」佐野三治(ヤマケイ文庫)【扶桑社・宮崎さん推薦】

 

徳間文庫、祥伝社文庫、ヤマケイ文庫…と普段そんなに入荷の多くないレーベルが上位になるのが面白いですね。
今年もすべての本が1冊以上の販売がありましたことが主催者的には何よりホッとしております。
フェアは終了しましたが本はまだしばらく店頭に残しますので、お探しの方はお声がけください。

10月セールスランキング(10/1~10/31)

【総合】
1 生きていくあなたへ 日野原 重明 幻冬舎                     
2 革命のファンファーレ 現代のお金と広告 西野 亮廣 著 幻冬舎               
3 漫画君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 マガジンハウス                 
4 逆襲される文明 塩野 七生    文藝春秋 
5 自分のリミッターをはずす! 苫米地 英人 ビジネス社          
5 モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット 佐久間 健一 サンマ-ク出版      
5 労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU ブレイディ みかこ 光文社 
5 ヒトは「いじめ」をやめられない 中野信子 著 小学館 
9 Disney Princess  学研マ-ケティング               
9 友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」 山中伸弥 他 講談社
9 新聞記者 望月 衣塑子 KADOKAWA
9 山手線ひとり夜ごはん  ぴあ                       

【文庫】
1 日の名残り  カズオ・イシグロ 早川書房
2 TOKYO坂道散歩なび 坂の街研究会 河出書房新社                  
3 浅き夢みし 吉原裏同心抄 佐伯 泰英    光文社 
4 わたしを離さないで カズオ イシグロ 著 早川書房 
5 流 東山 彰良 著 講談社
6 サラバ! 上 西 加奈子 著 小学館 
6 うめ婆行状記 宇江佐 真理 朝日新聞出版
8 遠い山なみの光 カズオ・イシグロ 早川書房
8 君の膵臓をたべたい 住野よる 著 双葉社 
8 サラバ! 中 西 加奈子 著 小学館 
                     

10月はノーベル文学賞のカズオ・イシグロ作品がすごい勢いで売れていった月でしたが
、東京の坂の多い街の散歩ガイド「TOKYO坂道散歩なび」がよく売れました。
18の街が紹介されていますが、その中に「中井」もあります。
中井は狭くて急な坂道が多い気がいたします。

Tokyo

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309499772/

なお東京の坂道を紹介した本ではこの本がとてもよいです。
タモリさんが自身の子供時代を回想しながらなぜ坂道に興味を持つようになったかを語るまえがきがすばらしい文章です。

・「新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門」
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062172745

 

【今月の気になる本】

○「パリのすてきなおじさん」金井真紀(文と絵)、広岡裕児(案内)(柏書房)

Photo_2

2

1

パリの街角で、おじさん達に「人生で大切なこと」を尋ねたインタビュー&スケッチ集。
普通にしてたらおそらく一生会うこともないであろう、パリの街中にいるおじさんたちのなにげない話が大変にいいです。

”落ち込んだときは旅行に行くか、小さい子供の相手をするといい”(パリの料理人のおじさん)

“どこにだって、いいやつもいればバカもいる”(西アフリカから17年出稼ぎに来ているコンシェルジュのおじさん)

「あー、パリの人ってこんな感じなんだ」という生身の生活感と、そこにさらっとちりばめられる至言がたまりません。

 

○「大家さんと僕」矢部太郎(新潮社)

Photo

お笑いコンビ・カラテカの矢部さんによる自分が住んでるアパートの大家さんとの交流を描いた漫画。
87歳の大家さんとお茶をする、ご飯を食べる、はては旅行にまで行ってしまうようになった二人の日々がほんわかした絵で描かれています。
どこか童話みたいなやりとりの中に大家さんが語る戦争の話や矢部さんの失恋エピソードなどの甘くない要素が混じるところが深い味わいになっています。

http://www.shinchosha.co.jp/book/351211/

 

☆これから出る気になる本

11月16日発売

○「2011年の棚橋弘至と中邑真輔」柳澤 健(文藝春秋)

これまで猪木、馬場、クラッシュギャルズ、UWFと過去のプロレスを既存の評価とは別の側面から照らしてきた柳澤健さんが初めて現代プロレスを題材に書いたノンフィクション。
気になります…!

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163907567

« October 2017 | Main