« August 2017 | Main | October 2017 »

September 2017

September 24, 2017

九月が永遠に続けば(毎年シーズン終わり間際になると勝ちだすロッテファンの叫び)

むかし詩人の三代目魚武濱田成夫は「世界が終わっても気にすんな俺の店はあいている」と詠んでましたが、「ミサイルが飛んできても気にすんな俺の店はあいている」みたいな時代になってきました。
あんまりミサイルの本は売れていません。

それより最近定年後』『未来の年表』『知ってはいけない』など、「この先の未来は暗いぞ」系の新書が続けてスマッシュヒットしているのが気になります。
そういう時代なんでしょうか。

 

☆店内レイアウト変更しました

売場商品の場所が3分の1くらい変わりました。
見当たらないものはお気軽にお尋ねください。

1

2

3_6

 

☆セールスランキング(8/22~9/21)

しばらく出してなかったのでご参考に。

【総合】
1、ぴあ高田馬場早稲田食本    ぴあ      
2、ルビンの壺が割れた   宿野 かほる  新潮社  
3、NHK趣味どきっ 体が硬い人のための柔軟講座 中 野ジェームズ修一  NHK出版  
4、源氏物語 上  紫式部  河出書房新社
5、究極の疲れないカラダ  仲野 広倫  アチ-ブメント出版   
6、この世の春 上  宮部 みゆき 著  新潮社  
6、3DS版ドラクエ11  ベントスタッフ  スクウエア・エニックス 
8、東京の森のカフェ  棚沢 永子  書肆 侃侃房   
8、1日1分見るだけで目がよくなる  林田 康隆  アスコム 
10.マスカレード・ナイト  東野 圭吾 著  集英社   
10、月の満ち欠け  佐藤 正午  岩波書店 
10、日航123便墜落の新事実  青山 透子  河出書房新社   

【文庫】
1、恨み残さじ   佐伯泰英    双葉社    
2、仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版   春日太一   文藝春秋  
3、ソードアート・オンライン20    川原礫  電撃文庫
4、君の膵臓をたべたい  住野よる 双葉社  
5、孤狼の血   柚月裕子   KADOKAWA
6、木洩れ日に泳ぐ魚  恩田陸  文藝春秋
6、アイネクライネナハトムジーク  伊坂 幸太郎  幻冬舎 
6、豆の上で眠る  湊 かなえ  新潮社
6、カエルの楽園  百田 尚樹  新潮社
6、百歳まで歩く 正しく歩けば寿命は延びる!  田中 尚喜  幻冬舎

『ルビンの壺が割れた』は覆面作家のデビュー作品です。

Photo_2

 発売前に全文を公開してキャッチコピーを募集するというキャンペーンを新潮社が行い、話題になりました。
 http://www.shinchosha.co.jp/rubin/

 新潮社はこういうプロモーションが上手いですね。
 
 「事前にあらすじ、内容などを一切入れないでお読みください」という案内があって、そのとおりにして読んでみました。
 読み始めてすぐ、「え…何なのこの話?」という風になって、途中で「ええええええ!!」という展開があって、読み終わると「え…何な

のこの話?」という感じにまたなる、大変奇妙な読後感でした。
 けど、夢中で読んでしまったってことは面白かったってことなんだと思います。
 薄い本で、1時間くらいで読めるので読んでみてください。

 ちなみに『ルビンの壺』とは1915年頃にデンマークの心理学者エドガー・ルビンが考案した、壺の形にも人が向かい合ってるようにも見える図のことですね。

Photo

 
 読み終わった方はこちらの方のFacebookをご覧になるとさらに味わいが深まると思います。

 https://www.facebook.com/BrokenRubinVase/

・角田光代さんが約3年かけて現代語訳したという「源氏物語」の上巻が発売され、1冊3780円(税込)という金額でありながらよく売れております。

Photo_3

http://web.kawade.co.jp/bungei/1486/

まあ3780円というと高い気もしますが角田さんのは上中下巻の全3巻であり、瀬戸内寂聴の「源氏物語」なんかは単行本で全10巻だったので、トータルで見れば高くないかもしれません。

角田さん2年前から一般小説の執筆を中断してこの「源氏物語」に集中されてるそうで、「源氏物語」に強い思い入れがあるのだろう…と思ったら河出書房新社HPのインタビューで「好きとも嫌いとも、何とも思ったことがない」と答えてて意外でした。

http://web.kawade.co.jp/bungei/1486/

その上で「読みやすさというのをまず第一に」「わかりやすくプレーンな文章で」「当時の人の感情がそのまま今の私たちにも、『その感情は知っている』という風に、感情のリンクをできないかということを考えて」書いたそうです。

角田さんの「源氏物語」中巻は18年5月、下巻は18年末~19年の刊行予定。

 

・『東京の森のカフェ』は東京近郊の山の中にあるカフェとか、川のそばにあるカフェといったお店を紹介した本。
 福岡の書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)という出版社が作っています。

Photo_4

 http://www.kankanbou.com/kankan/?itemid=805

☆いろいろ紹介したい本がありますのでまた近く。

(H)

« August 2017 | Main | October 2017 »