« 10月から営業時間が変わります | Main | 「鈴木健.txtのDDT20年史ドラマティック講座(全5回)」開催のおしらせ »

September 22, 2016

拝啓 樋口毅宏様

拝啓 樋口毅宏様

樋口さんこんにちは。
Twitterをやめられていてビックリしました。
作家引退宣言をしていたと知ってさらにビックリしました。

「伊野尾さんからすると複雑な気持ちになると思うのですが、僕の新作『太陽がいっぱい』読んでみてください」
と樋口さんからDMをいただいて、感想お送りしようと思ったらアカウントがないってどういうことですか。
私、樋口さんとはDMでしかやりとりしてなかったんで、もう感想を直接お伝えする手段がないんですよ。
なので、ちょっと全体公開になってしまいますが、ここに感想を残します。
どこかで読んでくだされば幸いです。

「太陽がいっぱい」読みました。
感想の前に、少しマニアックなレスラーの話をしてもいいですか。

樋口さんはコンガ・ザ・バーバリアンって選手ご存じですか。80年代後半に新日本に来てた外国人選手なんですけど。
全日本に来ていたバディ・ランデルは?
あとビッグ・ジョン・ノードとか。
大日本プロレスに昔一度だけ来たO.D.Dって選手はご存じですか?

共通項わかりますか。
これみんな有名選手のキャラクターを模倣していたレスラーです。
コンガ・ザ・バーバリアンはロード・ウォリアーズ、バディ・ランデルはリック・フレアー、ビッグ・ジョン・ノードとO.D.Dはブルーザー・ブロディのそっくりさんレスラーです。

出てくるとみんな盛り上がるんですよ。
「知ってる知ってる!」って。
元ネタがわかるというのは強いです。
知ってる人はみんな喜びます。

でも、彼らが本家を超えるかといったら、まず超えない。
コンガ・ザ・バーバリアンなんて結構強くて、猪木とシングルマッチやったりしてましたけど、ファンの本音は「これじゃなくてウォリアーズを…」ですよね。

樋口さん。
「太陽がいっぱい」を読んで僕が思ったのはそれに近い感じなんです。
プロレスを小説を使って紹介するのはいい。
けどそのまんま使っちゃったら、それはもう本家のプロレスは超えないですよ。
「プロレスのストーリーを書いた小説」が「プロレスそのもの」を上回ることはないです。

でも、読む専門の僕が書いてる樋口さんに言うのもなんですけど、小説がプロレスを上回ることもいっぱいあるわけじゃないですか。
「さらば雑司ヶ谷」とか「日本のセックス」なんて、あんなのは樋口さんの小説でしか味わえない世界なわけじゃないですか。
私はそっちが見たいです。
プロレスや、プロレスラーを使って小説書いて全然いいと思うんですよ。
でもそれは既存のストーリー、もう誰かが見せているピカピカのストーリーでなくても、樋口さんしか書けない泥だらけのストーリーを書けばいいじゃないですか。
だからこの本のなかでは一番よかったのはオリジナルなストーリーの「太陽がいっぱい」です。

樋口さんが喧嘩を売った(ように見えました)西加奈子さんは、基本「人間」と「人生」を作品で書いてて、ときどきその中に「人生のワンシーンとしてのプロレス」だったり、「不器用な人生を生きるプロレスラー」がちらっと登場するだけで、西さんはプロレスそのものを書きませんよね。
今年のG1で、ケニー・オメガが優勝決定戦のクライマックスでかつての仲間だったAJスタイルズや、いまは離れている盟友・飯伏幸太の技を一瞬だけ使ったじゃないですか。
あれに僕らは物語を感じて泣きます。
でもケニーが最初からAJや飯伏の格好をして同じファイトスタイルを始めたら「おいおい…」ってなるじゃないですか。

初めてプロレス見に行った人ならコンガ・ザ・バーバリアンを見て「わー、すごい」ってきっと思います。
でもそれは“ウォリアーズを知らない”から楽しめる、ってのもあるわけです。
たぶん、樋口さんの読者の中にはプロレスを知らない/興味ないっていう人もたくさんいて、そういう人たちにプロレスへの入り口になるという意味ではすごくいいことだと思ってるんですが…。

これで終わりかよ、って。

引退するのはいいですよ。
でもこれが「引退試合」って、ちょっとつまんなくないですか。
樋口さんが巻末に「さよなら」と書いてるテリー・ファンクだって大仁田厚だって、引退したときは素晴らしい引退試合でしたよ。戻ってきてますけどね。
もうちょっとすごい「引退試合」にしましょうよ。
それこそ話題になるような。

樋口さん、家でお子さん見てらっしゃるんですよね。
「週刊新潮」の『おっぱいがほしい! 男の子育て日記2016』を読みました。
DMでそんな話もしましたね。
大変だと思います。
けど、お子さんはいずれ大きくなります。
最近は入るのも大変ですけど、いずれは保育園に入れます。
小学生になったら昼間は学校です。

それぐらいになったら、小説書く時間少しできないですかね。
書いてください。
「さらば雑司ヶ谷」のようなぶっ飛ぶような小説を。
それを本当の引退試合にしましょう。

ちょっと失礼します。

出て来いよ樋口毅宏!

逃げるんじゃねえよ!

私からは以上です。

あ、本当にすぐ出てこなくていいです(笑)
今はまだ開幕戦の後楽園ホールです。
出てくるのは最終戦、両国国技館のリングの上で。
樋口さんが全国の書店員がぶっとぶような復帰作を手に、背中には「Mr.Liar」の刺繍が入った皮ジャンを着て私たちの前に再び出てくる日を楽しみにしております。

敬具

伊野尾書店 伊野尾宏之

Photo_2

« 10月から営業時間が変わります | Main | 「鈴木健.txtのDDT20年史ドラマティック講座(全5回)」開催のおしらせ »