« | Main | 一年の半分を終えましたけれど »

June 23, 2009

振り返るな 後ろには夢がない

人生にバックギアはついてないから、止まるか、前に進むかしかない。
ああ、もう過ぎちゃったんだ、とわかっていても、前に進むしかない。
ほんのたまに後ろを振り向いたりして。
いろいろありますが、がんばっていきましょう。

って言われなくてもみんなそれぞれがんばってるわけで。
おまえががんばれ、って話ですね。

 
☆教養+娯楽

Photo

メディアファクトリーの「ナレッジエンタ読本」のフェアやってます。
科学、数学、国際問題、鉄道とイヤに幅の広いジャンルで硬軟織り交ぜた内容が人気のシリーズです。
文章も平易で非常に読みやすく、それでいて知識を得られる。
教養新書とエッセイコミックの中間に位置するような本です。

「中国がわからない!」を読みましたが、面白かったです。
片山まさゆきのマンガで満州事変を説明される日が来るとは。

 Photo_2

  

☆太宰治生誕100年

ってことで各社からいろんな本が出たり、映画化が決まったりと話題ですが個人的に引っかかったのはこれ。

○「人間失格(1)」古屋兎丸(新潮社バンチコミック)

 Photo_3

鬼才・古屋兎丸が舞台を現代に移してリメイクした「人間失格」。
言葉もつけない凄みが全篇通して浮かび上がります。

 

☆その他店長が気になった本

○「きょうのおことば」いがらしみきお(Bbmfマガジン)

 Photo_4

6コマで描かれる人生の深遠。
深い。
とにかく深い。
いがらしみきおが五木寛之と同じランクに扱われないのは不当な評価だと思います。

 

○青春鉄道(メディアファクトリー)

 Photo_6

ついに出てしまいました、鉄道擬人化コミック。
えー…すいません、よくわからない世界です。
山手線の「俺はいつも同じところを回ってるばかり。たまには遠くに行きたい」という呟きが妙にリアル。
大丈夫、大阪環状線や大江戸線だってみんなそうだから。

 

○「日本の私鉄 西武鉄道」広岡友紀(毎日新聞社)

 Photo_7

なんて言ってるそばからこんな本が出ました。
もともと吾野までだった西武鉄道がなぜ正丸峠にトンネルを貫通させてまで秩父に電車を通したかというと、セメントを運ぶためだったのではないか、とかそういう興味がある人は徹底的に興味がある、興味がない人は死ぬまで興味のないことが延々書かれております。
車両研究に余念がない鉄道マニアの方にはマストアイテムな一冊です。

 

○「生たまご ~ゆでたまごのキン肉マン青春録」(エンターブレイン)

 Photo_8

・キン肉マンは最初シシカバ・ブーみたいなビジュアルだった
・初期の「キン肉マン」はココアを飲む場面がよく出てくるが、これは当時森永製菓の重役が「キン肉マン」のことを気に入り、作中のどこかで森永製菓の絵を一コマ入れると5万円もらえたから
・キン肉マンの好物が牛丼というのは、高校生のころ「なか卯」で食べた牛丼の味が衝撃だったから
・「キン肉マンってマスクマンでしょ?」と最初に指摘したのは山本小鉄だった

といったキン肉マニアには衝撃の秘話が続々出てきます。
牛丼はなか卯であって、吉野家じゃなかったんだ。

(H)

« | Main | 一年の半分を終えましたけれど »