« 29周年は昨年だったみたいですが | Main | 便乗して「IQ84」というパズル本を出す出版社はあるんでしょうか »

May 28, 2009

「あなたの上出来な瞬間は?」という質問が一番困りました

R25.jpの「書店のブックカバーの“上出来”」という取材を受けました。

http://r25.jp/b/report/a/report_details/id/110000006984?r25pc=af011

後編に当店のことが少し出てきます。
個人的には自分が取材された記事よりも別の記事の「素敵な店員さんをデートに誘いたい!」の方を熟読してしまいましたが。

http://r25.jp/b/report/a/report_details/id/110000006926?r25pc=af001

たしか「裏モノJAPAN」(鉄人社)にもこんな企画がありましたね。
「R25」も「裏モノJAPAN」も「人々の興味を満たす好奇心旺盛マガジン」というところまでは同じなんですけどね。
とりあえず私は「裏モノJAPAN」を応援したいと思います。

 

☆「よくまあこんなに考えるわな」とかボヤキそうな気が

○「野村監督に聞いてみたい!とっておきの(秘)作戦60」かしこい野球を追求する会 (デ-タハウス)

 Photo_4

相手が優位な状況で力の劣るチームがやるサインプレー、野球の裏ワザ的作戦を集めた本。

①走者2塁でバッターがフォアボールを得たら一旦ベンチへ帰るふりをして、それから全速力で一塁まで走る
②相手が気をとられている隙に2塁ランナーが3塁を狙う

とか、微妙に野球規則違反のような、且つ一回限りしか使えないような作戦も多いですが、中には「こ、これ結構使えるんじゃない?」てのもいくつかあります。

実際に野村監督が何回か仕掛けた有名なサインプレーもあります。
可否はともかく、すべての野球監督は目を通しておいて損はない本では。

ちなみにその野村監督自身も新刊を出しております。

○「野村主義」(小学館)

 Photo_3

晩年の西武時代、代打を出されその悔しさに「凡退しろ、凡退しろ」と念じている自分に気づき、「チームの負けを祈るようでは野球選手失格だ」と思い引退を決意したというのがいい話でした。
もっとも翌日球団代表にその旨報告しにいくと「あ、そう」で終わり慰留もねぎらいの言葉もなく、引退試合も球団でやってくれる様子がないので自分でお願いした、ってところになんかいろんな意味での野村さんらしさを感じてしまったわけですが。

 

 
☆かつて伊野尾書店の向かいにも「春秋苑」という花屋さんがありました

○「花福日記――お花屋さんの春夏秋冬」花福こざる (イーストプレス)

 Photo_2

お花屋さんが書いたコミックエッセイです。
私はひそかに花屋さんに憧れていますので(現在進行形)、すごく楽しく読めました。
花屋さんのつらい時、うれしい時、すごく読んでて伝わります。
「その日に限って輝いてみえる寄せ植えの花は、必ず買われていく」というエピソードが浸みました。
いつか「花福」までお花を買いにいきたいと思います。

 

○「なぜ宇宙人は地球に来ない?  ―笑う超常現象入門」松尾貴史, しりあがり寿(PHP新書)

 Photo

世の中にはいろいろ超常現象があるようですが、キッチュさんの文章にしりあがり寿のイラストという組み合わせで超常現象を語る、という本がPHP新書というのが一番のミステリーです。
これこそイーストプレスとかで出しそうな気が…。
とりあえず毎週タモリ倶楽部を見ている人は全員買うべきだと思います。

(H)

« 29周年は昨年だったみたいですが | Main | 便乗して「IQ84」というパズル本を出す出版社はあるんでしょうか »