« 前代未聞の書店イベント「本屋プロレス」 | Main | 4月セールスランキング »

April 29, 2008

ありがとうございました

 Vfsh0327

「本屋プロレス」の激闘から約24時間後の伊野尾書店店頭風景です。
昨日…もう一昨日になりましたが、あの熱狂が嘘のように平和です。

今日現在、どこからも苦情は届いておりません。
闘った高木選手、飯伏選手双方とも大きなケガもなく、事故も起きず、大変ホッとしております。

2点ほどお詫びしたいことがあります。
まず、こちらが事前に予測したのをはるかにはるかに上回る人数が詰めかけた結果、試合中よく見えなかったいう方も多かったであろうということ。
それと、やはり予測を上回る人数の方に来ていただいたおかげでこちらで用意した「俺たち文化系プロレスDDT」55冊があっというまになくなってしまい、買えずに帰られた方も少なくなかったであろうということ。
この2点については我々主催者側に不手際があったことをお詫びしたいと思います。
ついでに高木選手の入場テーマが途中でブツ切りになってしまったのもこちらのミスです。ごめんなさい。

それにひきかえ、高木選手と飯伏選手は本当にプロでした。
与えられた状況と条件をクリアして観客に最高のものを見せてくれました。
本当に凄いと思います。

また、終始運営に協力的で、交通整理にまでご協力いただいた観客の皆さん、本当にありがとうございました。
今回の話をしたらわざわざ高木・飯伏両選手のパネル写真を贈ってくださった、「週刊プロレス」と「紙のプロレス」を毎号買いに来てくれるYさん、どうもありがとうございました。
観客として来たはずなのに撤収作業に協力いただいた出版社・書店・その他業界関係者の皆様、大変助かりました。ありがとうございました。

どんなに忙しくても土曜の夕方はテレビの前に陣取り全日本プロレスを見ていた父の影響で子供の頃からプロレスが好きだった私ですが、まさか自分の仕事がプロレスそのものに関わるとは夢にも思っていませんでした。

実は高木選手のデビュー戦を私はたまたま見ています。
13年前に渋谷の道玄坂の路上で高野拳磁に交通整理用カラーコーンでタコ殴りにされていた白パンツの若手選手がその後自ら団体を作って成功させ、そしてウチの店に来て闘うなんてこそは想像だにしていませんでした。
人生は何が起こるかわからない、本当に不思議なものだと、今は心から思います。

今回なんで書店の場所を提供しようと思ったのか、という質問を何人かの方に聞かれましたが「プロレスファンだから」としか答えられません。
正直、自分が楽しそうだと思ったからやってもらった、それだけです。
そこに「書店という場所の存在価値がどうこう」とか「不況と呼ばれる出版業界に対してどうのこうの」というのは特になかったです。
そういうのはいつか誰かが「結果として今回のイベントはこういうことだった」「こういう意味があった」と位置付けてくれればそれでいいと思います。
そもそも「なんで本屋でプロレスやるの?」ってのが普通なんですから。

そういうわけで少しだけ本の話をすると、昨日どさくさに紛れて売っていた西加奈子「こうふく あかの」「こうふく みどりの」(小学館)はぜひプロレスファン、それも最近ちょっと離れ気味の元プロレスファンといった向きの方に読んでほしい小説です。
本のどこにもそれっぽいことを書いてませんが、とにかくプロレスファンなら反応してしまうある仕掛けがしてあります。
どちらから読んでも楽しめますが、個人的には「あかの」→「みどりの」の順に読まれることをお薦めします。

Photo    Photo_2

高木選手は自分たちのことを「俺たち文化系」と称しましたが、今回のイベントは自分にとっても文化祭のようでした。
スタッフから開始の合図をもらい、オープニングテーマを流してシャッターを上げ、見ているお客さんからワァー!という歓声が起きたとき、普段の書店の仕事では絶対に味わえない興奮が身体を走りました。
あの瞬間、プロレスの持つ魔力をほんの少しだけ味わった気がします。

この中井という小さな町の小さな書店の前に200人以上の人が集まったこと、現役プロレスラーに本を並べる什器を片づけさせてしまったこと、勝った飯伏選手が試合後のインタビューをしていたのが今自分がいるこのバックヤードであったこと、何より自分の店でプロレスが行われたこと。
今となってはすべてがウソみたいです。
本当は連休後の商店展開とか、構想中のお客様サービスのこととか、商材やシステムの研究とか人員の確保とか本当はやることいっぱいあるんで、早く現実に戻らないといけないんですけど、しばらくは尾を引くかもしれません。
プロレスは本当に麻薬です。

 Vfsh0330

(H)

« 前代未聞の書店イベント「本屋プロレス」 | Main | 4月セールスランキング »