« 肩も強い 足も速い そしてリードも冴える ジャンボ古田 ジャンボ古田 狙え三冠王 | Main | 恋愛と社会 »

September 28, 2007

語る言葉を持たない本

福田首相が中川昭一と私の部屋に来てお茶を飲んでると、外が騒がしいので皆で見にいくと瀬戸内寂聴が辻説法をしており、「やっぱり寂聴さんは人気がありますね」と福田さんが例のあの皮肉っぽい調子でつぶやく、そんな夢を見ました。
何の暗示なんでしょうか。
誰か教えてください。

しかし「康夫」っていうとどうしてもペロでグリな前長野県知事とか、某旅情ミステリー作家が出てきてあまり新首相のイメージないんですが。
あちこちで言われている「バランス感覚に優れている」って、ようは「もめ事を起こさないようにするのに慣れてる」でいいんですかね。よくわからないけど。

せっかくなんで「官邸崩壊」を読んでみました。

Photo


読んでて途中で胃が痛くなりました。

会社で周りの人間がこんなのばっかりだったら悪夢です。
そしてありとあらゆる作業・ノウハウがマニュアル化されていく世の中で、政治だけは良くも悪くもマニュアル化されないところなのだなあ、と。
とりあえず、安倍さん肝入りの「教育再生会議」で話されていた内容が「紅白のDJ OZMAのアレはいかがなものか」というのはイイ話だと思いました。


さて、業田良家の「自虐の詩」が10月映画化です。

Photo_2   Photo_3


http://www.jigyaku.com/index.html

イサオが阿倍寛っていうのは十歩譲っても、幸江が中谷美紀ってのはどうなのかなあ。
せめて西田尚美とか、いっそのこと辛酸なめ子でもいいような気がするんですけど。
予告編見てるとどうも「嫌われ松子」みたいな気がしてしょうがないんですけど…まあいいか。

原作は上巻の前半ぐらいまで「なんだこのマンガ」としか思えないのが、下巻の終わりぐらいまで読むと声も出せないぐらいの感情が襲ってくる不思議な作品ですが、それが映画でも再現されることを願ってます。


けれど私のおすすめは「自虐の詩」ではなく、同じ著者の「ゴーダ哲学堂」(竹書房文庫)です。

Photo_4


これは本当に素晴らしいです。
内容は細かく書いてもあまり意味がないので、とにかく読んでください。

たぶん竹書房で出してる本の中で一番素晴らしいです。
「ハローバイバイ関暁夫の都市伝説」も面白いですがこの本にはかないません。
「アカギ」は大好きなマンガですがこの本にはかないません。
佐藤寛子の写真集はちょっと強敵ですが、それでもこの本にはかないません。

読んだ直後に風呂に入ると、この本に出てくる話がグルグル頭をよぎって1時間くらい入ってしまいますので、なるべく風呂に入る前には読まないでください。


(H)

« 肩も強い 足も速い そしてリードも冴える ジャンボ古田 ジャンボ古田 狙え三冠王 | Main | 恋愛と社会 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38333/16602468

Listed below are links to weblogs that reference 語る言葉を持たない本:

« 肩も強い 足も速い そしてリードも冴える ジャンボ古田 ジャンボ古田 狙え三冠王 | Main | 恋愛と社会 »