« 絶妙 | Main | 35年のグラデーション »

March 22, 2006

桜咲く季節に


WBCは日本が初代王者となる、主観的に見ればこれほど嬉しいことはない、第三者的に見れば波乱の優勝で幕を閉じました。
大会運営、時期、審判の問題、組み合わせの問題と改善すべき点は多々あれど、これを礎に野球の祭典として定着していくようになれば一野球ファンとして嬉しく思います。
それにしてもあのアマチュア世界一のキューバによく勝ちました。
選手・スタッフすべてに拍手を送りたいと思います。


さて場末の本屋の店頭ではWBCが開催されてるその間、ひたすら「ダ・ヴィンチ・コード」文庫版と「NANA」15巻が売れていきました。
特に「ダ・ヴィンチ・コード」はいくら映画化とはいえこれほど売れると思わず、上巻が品薄になってしまいました。
今週中にまた入る予定ですが、もし品切れしてしまったらごめんなさい。


さて、ここでも紹介した『夕凪の街 桜の国』のこうの史代の新刊が出ました。

「さんさん録」
sansanroku


妻に先立たれた男、参平に遺された一冊の分厚いノート。それは、妻・おつうが記した生活レシピ満載の『奥田家の記録』だった。主夫として第二の人生をスタートさせた、さんさんの未来は、ほろ苦くも面白い!『夕凪の街 桜の国』で大ブレークの著者が放つ、ほのぼのコミカルストーリー。


妻に先立たれた夫、というなんとなく暗く重い存在になりがちな主人公・参平(=参さん=さんさん)が家事に奮闘しつつ、冷たいような暖かいような、不思議な家族たちに心配されたり心配したり。
家事というのはかくも奥深く、そして物語の題材になる仕事であったかと今さらながらに目からウロコでした。
「サザエさん」と「ちびまる子ちゃん」を見終わって寂しくなる日曜の夕方のような、そんな読後感を与えてくれるハートフルな作品です


(H)

« 絶妙 | Main | 35年のグラデーション »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38333/9210945

Listed below are links to weblogs that reference 桜咲く季節に:

« 絶妙 | Main | 35年のグラデーション »

My Photo

他のアカウント

ご注文はこちらまで

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31