« 桜咲く季節に | Main | 痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。 »

March 28, 2006

35年のグラデーション


昨日は朝から晩まで「国家の品格」(新潮社)を買いに来る方ばかりで、何事かわからず戸惑いながらレジ打ちしていました。
たった一日でそこそこ在庫があった「国家の品格」があっというまに品薄になってしまったので、いったい何事だろう、とちょこちょこネットを調べてたら、どうやら日曜の夜に爆笑問題と阿川佐和子がやってる「スタメン」(http://www.fujitv.co.jp/sutamen/index2.html)という番組で取り上げたらしい、とわかってようやく納得がいきました。
私は番組自体知らなかったのですが、見てる人多いんですね。

それにしても爆笑問題の番組で紹介された本は、放送日翌日の問い合わせが多い気がします。
彼らの番組がちょうど本を読む層と相性がいいのか、それとも単純に視聴者数が多いのか。

それはそうと、ちょっと面白い本が入ってきました。

「脈動する超高層都市、激変記録35年 ~西新宿定点撮影」
Nishishinjukusyashinsyu


1969年から2004年まで、実に35年間の間西新宿の同じ場所を撮り続けてきた、定点観測の記録写真集です。
これを見ると1969年、つまり昭和44年まで新宿西口には高層ビルがまったくなかったことに意外な感じを受けます。
淀橋浄水場しかなかった新宿西口が徐々に高層ビル街になっていく変化を、まるでパラパラ漫画をめくるようにあざやかに見ることができます。

前半部に掲載されている、下落合出身のコラムニスト・泉麻人の寄稿によれば、パークハイアットホテルのあった場所は昔ガスタンクだったそうです。
この本を見ているうちに、昔小学生の頃社会の副読本で使った「わたしたちの新宿区」という本が読みたくなりました。
あれは今でも授業で使われているのでしょうか。
もしあるのなら、今の「わたしたちの新宿区」は、どんな内容になっているのでしょうか。

(H)

« 桜咲く季節に | Main | 痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38333/9303664

Listed below are links to weblogs that reference 35年のグラデーション:

» 日本語について思った [庫書房店長きまぐれ草子]
あちこちの本屋さんのブログでまた急に売れ出したといわれている藤原正彦の「国家の品格」、数学者が書いたエッセイなのだが、べつに小難しい話ではなく、くだけた世間話を聞いているような雰囲気さえする。 この著者、NHKラジオのニュースジャーナルで「小学5年生か... [Read More]

« 桜咲く季節に | Main | 痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。 »

My Photo

他のアカウント

ご注文はこちらまで

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31