July 05, 2017

とある新人漫画家に本当に起こったコワイ話

〇「とある新人漫画家に本当に起こったコワイ話」佐倉色(飛鳥新社)

Photo

この本を紹介するかは非常に迷いました。
 
この作品を簡潔に説明するなら「ネットに漫画を発表していた著者のもとに某大手出版社(以下A社、作中では実名)の編集者から出版化の話が来て、本を出すことになったけどそこから大変な目に遭った」という話です。
この著者の佐倉さんとA社の騒動はすでにネットでも話題になっていたので、知ってる人は知っていると思います。
 
で、私が紹介するか迷ったのは一読して「A社…これはないだろう…」という反応をどうしても持ってしまうところです。
著者の佐倉さんは大変な目に遭っている。
けど私ども書店はA社にはお世話になっている立場だからです。
もし仮にA社の本がなかったら、自店の売り上げは結構な数字で減っていることと思います。
 
それでも取り上げたいと思ったのは、この本には現代社会で起きる揉め事の根っこがよく書かれている、と思ったからです。
それは「自分の会社、そして自分自身が仕事するにあたってのルールや価値観は相手も同じように共有している」と思ってしまうことです。
 
例をあげると、作中担当編集者であるボーノさんは佐倉さんに「ごめんなさい」「すみません」と謝りながら苛烈な業務を与えたり、あるいは事前の約束を反故にしたりします。
佐倉さん、そして読んでる側からすれば「なんてひどい編集者だ」と考えるのは当然ですが、たぶんボーノさんは周りの同僚や先輩編集者を見てそうなってるはずです。
「それが当たり前」、あるいは「そうしないとしょうがない」というロジックが編集部にあって、それも長らく積み重なった末にそうなっていったのだろうと思います。
 
ボーノさんは非常に保身的な言動が目立ちます。
もちろん本人のプライドの問題もあると思いますが、「失敗や訂正を口に出せない」空気が社内にあり、それが土壌になっていった部分もあると想像します。
そしてなにより
「というのが社内(A社)のルールなんだけど、それにのっとってやってもらえますよね?」
ということに対して無自覚になってしまっている。
相手側と自分が同じ「ルール」の上に立っているか、確認作業をするという発想がない。
なのでA社側の真意としては「黙って俺らの言うことを聞け」というよりは、「なんでこんなに揉めているのかわからない」が近いのではないでしょうか。
そしてこれは仕事をしていると「絶対に自分もしていないとは言い切れない」感覚なのです。
 
たとえば私は書店の店長ですが、店では学生のアルバイトスタッフにも働いてもらっています。
私は学生時代あまりお金がありませんでした。
だから今働いているスタッフにはたくさん稼いでもらいたい。
そうだ!じゃあ学生バイトのBさんには週五日、一日8時間働いてもらおう!
そうすると月20万円いくじゃないか!
それだけあればうれしいだろう、ねえBさん!
…と私がBさんのシフトを週五日、一日8時間にしたところで学生のBさんは参ってしまうでしょう。
そんな働いてたらBさんは授業に出る時間か睡眠時間か、どちらかなくなってしまいます。
 
この場合、私が自分のルールを「いちばんよいもの」と信じて、それ以外のBさんのルールというものを想像すらしなかった場合、Bさんが「こんなに入れない」と怒ったりしたら「え、なんで?なんで怒るの?だってお金もらった方がよくない?」とか言ってしまうでしょう。
 
これはわかりやすい例ですが、こちら側が「そういうものだ」と思っていても向こうは全然そう思っていない、というのは仕事をしているとそこかしこにあります。
立場が微妙に違う取引先はもちろん、同じ職種や役職でもあります。
そしてそれがトラブルになったとき、第三者に説明するのはかならず「普通はこういう場合A(自分たちのルール)なんだけど、それを先方はBにしろって言うんだよ」という言い方になります。
そこに「先方のルールはまったく違うかもしれない」という発想はありません。
 
というようなことで起きた揉め事が、非常に細かく具体的に書いてあるのがこの作品です。
そしてそれは全然A社だけの問題でない。
どこにでも起こりうる話だと思います。
 
窪美澄さんの小説「よるのふくらみ」には
 
「誰にも遠慮はいらないの、なんでも言葉にして伝えないと。どんな小さなことでも。幸せが逃げてしまうよ」
 
というセリフがあります。
 
私はこれほんと至言だと思ってて。
 
大事なことはなんでも言葉にする。
 
本当にそれをするだけで誤解や揉め事が避けられることって世の中にたくさんあるんですよ。
そんなわけで佐倉色さんにもボーノさんにもここを読んでるあなたにも「よるのふくらみ」を読んでもらいたいです。
ほんと名作です。

Photo_2

June 10, 2017

恋愛の終着点とは何か― 末井昭「結婚」

末井昭さんは昭和25年に岡山の山間部で生まれた。
子供の頃、村にやってくる移動食品マーケットでの買い物はお金でなく米が使われていたという。
末井さんのお母さんは病気がちで入院している期間が長かった。
ようやく家に戻ってきてから間もない末井さんが小学校一年生の頃に失踪し、隣の家の息子と一緒にダイナマイトで無理心中した。
二人は不倫関係にあった。
少年の心に一生消えないであろう強烈な出来事は、末井さんの人生観に「男と女の間にはおぞましいものがある」ということを植え付けていく。
 
成人した末井さんは大阪のステンレス工場での勤務を経て、川崎の自動車工場に勤める。
住まいは近隣の下宿で、同じ下宿先に「一つ年上のきれいな女の人」がいた。
この人が末井さんにとって最初の彼女で、「その人と付き合うまで」と「付き合いだしたあと」にはかなりいろいろな出来事があるのだがそれについては今作「結婚」で読んでほしい。
 
やがて末井さんは工場勤めをやめてグラフィックデザイナーを目指すようになる。
工場勤めの他に牛乳配達のアルバイトをしてお金を貯め、ようやく渋谷のデザイン専門学校に入るも当時盛り上がっていた学生運動の余波でデザイン学校の勉強が満足に出来ず、自分で駒込にある店舗の看板や装飾をやってる会社に就職。
その後キャバレーの看板書きになり、知人に声をかけられセルフ出版(現・白夜書房)で働く。
その後自身がギャンブルにハマったとき「これを雑誌にしよう」と「パチンコ必勝ガイド」を創刊。
自身が編集長を務めた「パチンコ必勝ガイド」は大ヒット雑誌になるが、そのあたりから末井さんの人生は荒れていく。
ギャンブル依存、借金、不倫…。
 
にもかかわらず、いやそんな人生を送ってきた人だからこそ言える深みのある「恋愛と人生」論がこの本のテーマです。
 
好きな人ができる。
好きな人と心が通じ合い、結ばれる。
生きていて得られる、かけがえのない喜び。
そんな素晴らしいことのはずなのに、二人で暮らすようになると相手の悪いところが気になり、嫌に思うようになる。
やがて相手に対する不満や、相手の言動によって自分の発言や行動が制限されることに息苦しさを覚える。
そして「ここではない生活」「ここではない人生」を考える。
 
そうやって不満を抱えながら人は誰かと結ばれ、ともに生きようとする。
その答えを末井さんは自分の半生から得た経験知と、聖書に求めようとします。
人生がどうにもならなくなりそうになったとき、末井さんはたまたま聖書と出会い、聖書に出てくる話を人生の指針におき、生きながら都度考えるようになる。
 
末井さんの人生は現在の規範意識で測るとめちゃくちゃです。
20代のうちに他の交際相手がいる女性を奪い取る形で交際を始め、結婚する。
30代は3人の女性と同時に不倫し、40代で既婚者の別の女性を好きになり、3人の浮気相手と別れ、そして奥さんと離婚し、その女性と同棲を始め再婚する。
そしてこのめちゃくちゃな末に新しい嫁さんと平和にやっているのか…といえばまたそうでもない。
いろんな闘いとストレスの山を経て、そして行き着く地点がある。
その地点の話を末井さんは最後に書いています。
 
その話が素晴らしくよいのです。
これはいきなり結論を出してもスッと入らない。ずっと末井さんの半生を追って最後に出てくることで「そうか…」とわかるものがある。
 
大事なことは、時間をかけないとつかめない。
いま流行りのネットニュースみたいに「3行でわかる」じゃ、到底わからないことがこの本には書いてあります。
 
 
 
 
〇「結婚」末井昭(平凡社)
 

Photo

May 26, 2017

久しぶりにランキングなど

このところランキング出していなかったので出してみました。
こんな感じです(4/24~5/23)

【一般】

1,『どうしても読んでもらいたい本』(参照:http://inoo.cocolog-nifty.com/news/2017/04/restart.html)   

2,「新宿うまい店200」(ぴあ)                      

3,「蜜蜂と遠雷」恩田陸 (幻冬舎)                     

4,「劇場」又吉直樹 (新潮社)

5,「ハリネズミの願い」トーン・テレヘン(新潮社)

6,「日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学2年生」古屋雄作(文響社)

7,「日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生」古屋雄作(文響社)

8,「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」ケント・ギルバート (講談社+α新書)

9,「カラダはすごい!」久坂部羊(扶桑社新書)                     

10,「東京をバスで散歩」(京阪神エルマガジン社)

【文庫】

1 、「君の膵臓をたべたい」住野よる (双葉社) 
                         
2 、「リバース」 湊かなえ (講談社)

3、「図書館の魔女(1)」 高田大介(講談社)

4、「代償」伊岡瞬 (KADOKAWA)

5、「虚ろな十字架」東野圭吾(光文社)

6、「この素晴らしい世界に祝福を!(11)」暁なつめ(角川スニーカー文庫)

7、「自覚」  今野敏  (新潮社)

8、「奪還の日-刑事の挑戦・一之瀬拓真」堂場瞬一(中央公論新社)

9、「ひかりの魔女」山本甲士(双葉社)

10、「百瀬、こっちを向いて。」中田永一 (祥伝社)

今週に入ったあたりから「うんこ漢字ドリル」の問い合わせがすごいです。
「1年生」を切らしてしまいました…。
6月上旬再入荷予定です。

 

☆お子さまプレゼント

以前毎週日曜日に実施していた「お子さまプレゼント」を今月から毎週土曜日に実施することにしました。

本当にささやかなものですがお子さんの楽しみになれば幸いです。

Photo_2

 

☆戦慄した本

「子供の死を祈る親たち」押川剛(新潮文庫)

Photo

これ、本当すごかったです。
先にちょっとだけ難を言うと、タイトルが若干わかりにくいです。
「親を脅迫する引きこもり、現実を直視しないで逃げる親」みたいな方がわかりやすいんじゃないかな…それはともかく。

この本の著者である押川さんは精神障害者移送サービスという業務を行う会社の代表をしています。
具体的には長期化して30代~40代になった引きこもりの子どもを持った家族からの依頼で、引きこもりの子供を精神科医に連れていく、入院の手続きを代行したりしています。

押川さんが対応するのは「自室から一歩も出ず、風呂にも入らず、自分の部屋で排泄行為をする30代の息子を精神科医に診断させる」ケースや、「両親に暴力をふるい、金銭を要求し、家から出て行くように脅迫する20代の息子を病院に連れていく」など、苛烈極まりない現場です。
事例には各病院、行政と事態を解決するため綿密に相談し(だいたいのケースが厄介なものなので病院や行政の腰は重い)、引きこもりの子供を連れだすにもなるべくトラブルにならないよう本人の性格、精神状態を考慮してソフトな対応と強引な出方を使い分け、精神科の診断が難しい場合は別の対応を図ったりする。
本当にこれはしんどい現場だ…と思いました。

そして「どうしてこうなったか」を探っていくと、もちろんいろんな要因が重なって起きているのですが一番の原因に考えられるのが「親の価値観の押しつけ、子供から選択や思考を取り上げる半生、そうして起きてくる『自立できない子供』の放置、現状から目をそらし続けた結果」ということが多い、というのがわかってきます。

どの話も過酷でありながら、親はこの惨状を他人に知られないようにするためほとんど表に出ず、解決もされずさらに酷くなっていく…という現象が起きており、本当に戦慄しました。

いろんな人に読んでほしい本です。

(H)

May 03, 2017

5月のフェア「あの人が出してたこんな本」

Photo_2

5月1日から「あ、あの人、本書いてたんだ」という著名人の意外な本を集めたフェア『あの人が出してたこんな本』というフェアを始めました。

心持ち芸人さんの本が多めになってしまいましたが、「有名人」で本音で語っても評価が落ちない人、というとそういう人たちが多くなるのかもしれません。

タモリさんに本書いてほしいんですけどね。

 

出た時に知ってた本もありますが、「この人こんな本書いてたんだ」と知った本も何冊かあります。

そのなかの一つがこれ。

 

「お前より私のほうが繊細だぞ!」光浦靖子(幻冬舎文庫)

Photo_3

 

いろんな人が悩みを光浦さんに相談する人生相談型のエッセイなんですが、光浦さんのネガティブさと露悪趣味的回答と根っこに見える他人への愛情が入り混じってて、大変素敵な本です。

たとえばこんな感じ。

 

相談者(女性・年齢不詳)『ほっこり主婦やクリエイター気取りの主婦ブログを毎日チェックすることがやめられません』

 

光浦さん『幸せだ、幸せだって口にするほど本当は幸せじゃないんだよ。

だってそんな自分のお昼ごはんとか、はまってる豆腐とか、そんないらん情報芸能人じゃない人がなんで流すと思いますか?私のことを知ってほしい、わかってほしい、なんですよ。可哀相な人なんですよ』

『でもそういう主婦だって、ひやひやしていると思いますよ。

「いらねえよ!おまえの情報なんか!」っていつ言われるんじゃないかって。

いやもう言われてるんでしょうね。

匿名の悪口って、思ったより攻撃力ありますよ。ズタズタですよ。

そんな傷を負ってでも、発信したいんですよ。損な生き方ですよ。それをいじめたらいかんです。』

『私はね、もう誘い水にのって誰かの悪口とか言わないんです。

いい人に見られたいんです。人から好かれたいんです。

なんなら…そっちサイドの人間になりたいんです

 

 

このほかにも

『地震のとき、彼氏が私を置き去りにしました』(28歳女性)

『「普通」の意味がわかりません』(35歳女性)

『彼氏ができたら今まで聞いていなかった洋楽を急に上から目線で語ってくる友達が許せない』(28歳女性)

 

などなど、どの回答読んでも「おおー…」というコメントにあふれています。

この本読んでちょっと光浦さんすげえな、と思うようになりました。

 

ちなみにフェアから最初に売れたのは松本人志の「遺書」でした。

5月末まで開催予定です。

 

「フィリピンパブ嬢の社会学」

キャバクラに行ったことがありません。
行ったら楽しいんだろうなー、と思いつつ行ったらハマってしまうんだろうな、という恐怖心の方が勝って足を向けられません。
キャバレーは昔、まだ栗田出版販売という会社が志村坂上にあった頃に当時の社長に二回くらい連れて行ってもらったことがあります。赤羽のお店でした。
自分よりも母親の方が年齢近いんじゃないか…?と推測されるくらいのお姐さんが出て来てお酒をついでもらったのと、「ああ…昭和だ…」という店内の様子と、楽しそうだった栗田の社長の姿が印象的でした。

そしてフィリピンパブにも行ったことがありません。
「イラサイマセー」とか「シャチョサン、アイシテルヨー」と片言の日本語を話すフィリピン人女性、という雑なイメージしか持っていません。

この本は名古屋の大学院で国際関係学を学ぶ著者の中島さんが、研究対象としてフィリピンパブを取り上げて取材していくうちに一人のパブ嬢と知り合い、「取材対象者」から次第に「恋愛対象」に変わっていくという、社会学のはずが途中からラブストーリーに変わっていくという、大変不思議なジャンルの本です。

中島さんは大学時代に体験渡航でフィリピンに渡航した際、貧民街でトイレもない家に暮らす人々と接してカルチャーショックを受けます。
帰国後もフィリピンのことを研究し、その流れで「名古屋の繁華街にはなぜこんなにフィリピンパブが多いのだろう」と思い、自分で取材・検証を始めます。
その過程で一人のフィリピンパブ嬢・ミカと出会うわけですが、最初は取材対象だった相手が、いつしか恋愛対象に代わっていくところが…いいんですよ!
なんですかね、人の心の壁が崩れていくさまって、読んでて悶えますね。

中島さんは一応「学術研究の取材」というテイで店に行ってるので、最初はとても警戒感が強い。
パブ嬢にねだられても余分なドリンクを入れたりせず(単純にお金がなかったというのもあるみたいですが)、一定の距離をあけてたようなのにミカとの間ではそれが少しずつ壊れていくのがとてもよいです。
特別な感情を寄せられても常に
「騙されてるんじゃないか?」
「結局こちらの金が目当てなんじゃないか?」
と疑心暗鬼になり、友人知人はほとんどが交際に難色を示す中、中島さんはミカと会う時間を増やしていく。

中島さんとミカのエピソードを背景にしながら、日本でのフィリピンパブの実態がいろいろ書かれます。

フィリピンパブの経営者はかつてフィリピンにいる女の子たちを「タレント」として興行ビザを取って入国させ、店で働かせていた。
しかし2005年に興行ビザの発給要件が変わって取得するのが難しくなり、一時期フィリピンからやってくるパブ嬢はかなり減った。
それが近年増えてきたのは「日本人との偽装結婚」させて日本人の配偶者としてしまうやり方が横行してきたからだという。
偽装結婚なので当然違法。
なので正式な契約書はない。
すべてフィリピンから日本に連れてくる人と、マネージャーと呼ばれる日本での監督者による口約束だけである。
当然生活、就労環境は劣悪であり、一か月の給料が6万円(住む寮はある)、休みは月2回だけなんて状態がざらにある。
逃げ出そうにも偽装結婚していることで住民票が出てる状態なので、仮に婚姻を解消すれば本国に帰らないといけなくなる。
いろんな部分で逃げられないよう「鎖」がかけてある。

そしてミカもこの状態だった。
中島さんは最終的にミカを監督するヤクザとの話し合いに、深夜の繁華街の個室に一人出向くわけですが…その先の結末は読んでもらうとして。

このあたり「電車男」を読んだときのことを思い出しました。
ラブストーリーって

【出会い→誤解と解消→困難→周囲の応援→別の困難】

で構成されてるんだな…とつくづく思いました。

いろんな意味で人生で一度しか書けない話です。
いいものを読ませてもらいました。

○「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象 (新潮新書)

Photo

«ReStart