May 20, 2024

村瀬秀信さんインタビュー 前編(全2回)

村瀬秀信さんインタビュー 前編(全2回)

 

20240520_171328

 

野球ならびにチェーン店グルメなどをテーマにした著作を多数出されているライターの村瀬秀信さんとは、10年以上前から交流があります。

4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』文庫版ではベイスターズファンでもないのに解説文を書かせていただきました。

村瀬さんとお会いすると、出した本に関する話や、取材を進めている現在執筆中の本の話が中心になるわけですが、その中に挟まれるご自身の昔話に「えっ!?」となる話がちょいちょい出てきます。

「4年くらい日本を放浪していた」とか、「四万十川で死にかかった」とか。

そういうわけで、村瀬さんにご自身の来歴をお聞きするインタビューをさせていただきました。(伊野尾)

 

 

【前編 放浪と物書き志望】

 

─村瀬さんは1975年生まれ、神奈川県茅ケ崎市のご出身ですよね

 

「そうです。茅ヶ崎で小中高まで通って」

 

─そこから大学へ

 

「いや、大学は行ってないんですよ。18歳で自営業をやっていた実家の経済状況が厳しくなって」

 

─高校卒業して、どうしてたんですか

 

「ぶらぶらしてました。時間はあるから、日本中のいろんなところ行って。野宿して、お金がなくなったら日雇いの仕事をしばらくする。そんな生活を4年くらいしました。最初に北海道に行って、そこから徐々に南下していって、最後は西表島まで行きました。

 

僕は幼いころから(地元の)大洋ホエールズ(後の横浜ベイスターズ)のファンだったんですけど、球場に見に行くと勝てない、ってのがずっとあって。何十試合と見に行ってるはずなんですが。行った試合で勝ったのが斉藤明夫の完封と野村弘樹の完投勝利の2試合だけしか記憶にないんですよ。あとはずーっと負けてるんです。

極めつけがその98年ですよ。西表島にいて、一試合も球場に行かなかったらベイスターズが優勝するっていう」

 

─「俺が見に行くから負けてしまうんだ」と思っちゃったんですね。放浪から、どこでライターへの道が始まるんですか?

 

「西表島から茅ヶ崎に戻ってきて、東京行くためにバイトするようになるんです。東京行って物書きになろうと思って」

 

─なんでそこで物書きになろうと思ったんですか?

 

「自分のストロングポイントがそこしかないと思ってたんですよ。中学の時にやたら文章をほめられたことがあって。

学校で作る文集で、『ナメクジvs人間』というエッセイを書いたんですよ。ちょっとした格闘ものだったんですけど、それがウケまして。

上級生のきれいなお姉さんから通りすがりに『あ、ナメクジくん』と呼ばれたりして。それがちょっとした成功体験だったんですね。

大学行けなくなった自分が人さまと勝負しようと思ったときに、これでやっていくしかねえな、と」

 

─なるほど。でも何もないフリーターの若者がいきなり『物書きになる』と誓っても、当時(1999年)だと何をしていいかわからなくないですか?

 

「なのでまずは出版社で働こう、と思って。角川書店(現・KADOKAWA)でバイトしたんですね。地下にあった配送室という、大量に届くハガキを仕分ける部署だったんですけど」

 

─そんな仕事が当時あったんですね

 

「そこで一年くらい働いて辞めました」

 

─それは嫌になって?

 

「いや、契約満了です。あと1999年の夏で世界は滅びて自分も死ぬんだろうから、バイトしててもしょうがないと思って」

 

─そんな理由ですか!()  ※意味がわからない方は「ノストラダムス 大予言」で検索

 

「空気のきれいなところで死のうと思って。それで四国の四万十川にいました。そしたら世界は終わらなかったんですけど、大水が出たんですよ。それでテント貼ってたところが流されそうになって」

 

─ええ!大丈夫だったんですか?

 

「いやビビりなんで、早くに逃げましたけどね。それで生き残っちゃたんで『やっぱり物書きになろう』と、もう一度目指すことにしたんです。

角川書店でバイトしたときに、編集プロダクションという会社があるのを知ったんで、今度はそこに入ろうと。

『フロムエー』という求人雑誌を編プロの募集が出ていないか、毎号見てました。

でも高卒を対象にした編プロの求人なんてほぼないんですよね。今にして思えばそんな何のキャリアもない奴を、わざわざ求人広告費出して募集する会社なんてないよな、ってわかるんですけど。

そこで高卒ってのがそもそも難しい、って知りましたね。

 

編プロに入るのがなかなか難しいから酒屋でバイトして。まあそのころからカネが本当になかった。

週2回、善福寺公園で『フロムエー』を見てたんですけど、あるとき本当にお金がなくて。いつも公園に来ていて仲良くなった5歳の金持ちの家の男の子に300円借りて、それで『フロムエー』買ったときもありますからね」

 

─5歳の子にお金借りちゃダメですよ!

 

「ほんとですよね。けどそうやって『フロムエー』見てた時期に、とうとう自分の人生を変える会社と出会うんですよ。それが池袋にあった、デストロンってところなんですけど」

 

1_20240520171501若いころの村瀬秀信さん(ご本人提供)

 

「デストロンの面接で、『ここが勝負だ』と思って、無茶苦茶書いたんです。

応募総数250通って言ってたかな…。そこで目立とうと思って、変な履歴書書いたんです。

『羊飼いのように穏やかな心を持ちながら、やるときはやる男です。人生を文章に捧げることを決意いたしました。今がこの才能を採用する最後のチャンスです』みたいな。

それが通っちゃったんです。ドラフト一位で。その時点でおかしいですよ。

結局、そういう(自粛)な人材が欲しかったんでしょうね。

デストロンという編プロは、もともとイタバシマサヒロさんとか、えのきどいちろうさんがやってたというところの弟子だった人間が作った会社だったんです。

そこで戦闘員として雇われたわけですよ。『デストロン』というのは仮面ライダーV3の悪の組織ですから」

 

─戦闘員は何をするんですか?

 

「…生きているうちに『嫌だな』と思う感情のすべてをやりましたね。

僕は入って二か月目で『スコラ』という雑誌で連載を持つんですけど、そこで持った連載が何かというと『北海道までカニを買いに行け』というんですよ。1万円だけ渡されて」

 

─1万円って、カニの代金ですよね。北海道までの交通費とか宿泊代は?

 

「ないですよ」

 

─え!じゃあどうするんですか?

 

「それを自分でなんとかしてこい、って企画だったんですよ」

 

─えー!どうしたんですか?

 

「原稿に書いたことで言うと、『西村京太郎ばりの鉄道トリックを使い』とかなんとか適当なことを書いて」

 

─それ、連載読んでた人はどう思ったんですかね?「トリック?なんだって?」とかならなかったんですか?

 

「いやー読者は何も覚えてないと思いますよ。連載2回で終わりましたし。『大好評につき2回で終了』となって」

 

─『大好評につき終了』って() それで第二回の企画はなんだったんですか?

 

「第二回は、『境港まで1万円でカニを買いに行く』ですよ」

 

─デストロンはどれくらいいたんですか?

 

「二年…くらいですかね。いやー、本当、ひどいもんですよ。『精神と時の部屋』にいたようなものですから」

 

─思い出したくないからもしれませんが…ほかにどんなことを

 

「…今だと問題になることばかりなので、あまり言えませんけど、いいこともあったんですよ。

ライターとしての基礎は間違いなくここにありました。

特に取材ですね。エロ本撮影、合コンルポの手伝い、カルト教団への潜入。

いろいろやりましたけど、思い出すのは渋谷の109前で女の子に声を掛けて写真を撮らせてもらうんですよ。

『パンツ撮らせてください』って。

そんなもん頭のおかしい人じゃないですか」

 

―おかしいですね

 

「やりたいわけないですよ。でも、後で気がつくんです。取材やインタビューで聞きずらい、常識的には失礼にあたることに踏み込むことも結局は同じ。

『パンツを見せてください』のパンツがなにかに変わるだけで、大事なものを見せてもらうために、手を変え品を変え押したり引いたりしているんです。

でも苦しいですよ。

目の前の人には好かれたいのに、あえて嫌われるようなことをしないといけないわけですからね」

 

─それはちょっと…

 

「だからみんな抜けていくんですよ。こんなところでやりたくない、って。けど僕は社長の一番のお気に入りだったから、

『村瀬さんが残ってくれれば俺らはやめられる』

『村瀬さんは全員(辞めるのを)見届けてから、しんがりを飾ってくれ』

とか周りのやつらに言われてて。

周りはやめていく。

ほかの人間が辞めていくうちに、『もう逃げられない』と追い詰められましたけど、最後はどうにか辞めることができて。

ただ今となっては僕自身が甘かったことも多々あったし、仕事の基礎を覚えさせてくれたわけなので、感謝しかありませんけどね」

 

Photo_20240520193001

 

(編プロ時代に作ってもらった写真) 

 

後編は5/22(水)更新予定です。

May 16, 2024

「爪切男さん一日書店員withサイン会リターンズ」のおしらせ

2022_20240516113001

(※写真は前回のものです)

『クラスメイトの女子、全員好きでした』文庫化&ドラマ化記念・爪切男一日書店員withサイン会リターンズ』


5月下旬に『クラスメイトの女子、全員好きでした』が文庫化、7月にはドラマ化される爪切男さんが伊野尾書店でふたたび「一日書店員」として働きながらサインする『一日書店員サイン会』を開催します。
(2022年7月に続いて二回目の開催)

サイン会といっても、当日爪さんは伊野尾書店の「店員」として文庫カバーを折ったり、清掃をしたりと普通に働きます。

サインが欲しい方は、当店で本をご購入のうえ、黙々と労働中の爪さんにお声がけください。

また、他のお客様の邪魔にならなければ「働く爪切男」を撮影していただいてかまいません。

入場無料・予約不要ですので、時間内にご自由にご来店ください。
(混み合ってきた場合は順番待ちの待機をしてもらうことがあります)

みなさまのご来店をおまちしております。


【日時】 6月1日(土)14:00~19:00 

【場所】 中井・伊野尾書店 (地下鉄大江戸線中井駅A2出口となり


【サイン対象書籍】爪切男さんの本

・「クラスメイトの女子、全員好きでした」(文庫版)※新刊 
・「きょうも延長ナリ」
・「死にたい夜にかぎって」(文庫版)
・「もはや僕は人間じゃない」
・「働きアリに花束を」

 

【新刊案内】

文庫『クラスメイトの女子、全員好きでした』
2024年5月21日発売
660円(税込)
文庫判/256ページ
ISBN:978-4-08-744647-0

「おまえは、女の子と恋はできないだろう」。
突然、父から突然の宣告を受けた少年は、クラスメイトの女子をひたすら観察することにした。
宇宙一美しいゲロを吐く女の子。水の飲み方が妖怪みたいな学校のマドンナ。憧れのプロレスラーそっくりの怪力女番長。    全員素敵で、全員好きだった。
面白くて、情けなくて、ちょっぴり切ない恋の記憶。
読めばきっと、恋をしたくなる! 
全21編のスクール・エッセイ。

https://www.shueisha.co.jp/books/items/contents.html?isbn=978-4-08-744647-0 

【著者情報】
爪切男(つめ・きりお)
1979年香川県生まれ。
2018年『死にたい夜にかぎって』でデビュー。同作が賀来賢人主演でドラマ化されるなど話題を集める。
著書に『もはや僕は人間じゃない』『働きアリに花束を』『きょうも延長ナリ』など。

https://twitter.com/tsumekiriman

 

【ドラマ化情報】

『クラスメイトの女子、全員好きでした』がドラマ化されます!

https://www.ytv.co.jp/classmate/

読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト木曜ドラマ
2024年7月11日(木)よる11時59分スタート
出演 木村昴・新川優愛 ほか

ご期待ください!

 

May 14, 2024

「いいひと、辞めました」ふかわりょう

Photo_20240514185501

〇「いいひと、辞めました」ふかわりょう(新潮社)

四十路の独身男、平田の悩みはモテないことだ。
結婚はおろか恋人もできない。
彼を知る女性たちは決まってこう言う。
「いいひとなんだけどね…」

平田は喫茶店の隣の席で「元彼とやっちゃった」というあけすけな話をしていた二人の女性たちと出会う。意を決して話しかけて意見を聞くと、彼女たちはこう言う。

「いいひとっていうのは、他にほめるところのない、断るときの免罪符として使うのよ」
「それ自体は無害というか、無味無臭。無味無臭だから惹かれるものはない」

「いいひと」が褒め言葉だと思っていた平田はショックを受け、「いいひと」を脱却しようとするが慣れない行動はストレスとなり、体調を悪くしてしまう。
そんなある日、平田は登録しているがちっとも上手くいかない結婚相談所のスタッフ・姫野から『サイテー男養成所』という不思議な施設を紹介される。
ここに通えば「いいひと」は辞められるらしい。
意を決して養成所に通いだした平田は、教官の厳しい教えを守り、徐々に「サイテー男」になっていく…。


これは面白かった。
完全に「笑うせえるすまん」か筒井康隆の小説だ、と思った。
リアリティの枷を少しずつ外していく展開の作り方が上手い。
「笑うせえるすまん」や筒井康隆だったら最後はだいたい破滅のオチになるが、さて…と思いながらどんどん読んでしまった。
どういうオチかは言わないので読んで確かめてほしい。
ただ「ふかわりょう、小説上手いな」と思うことは間違いない。

April 15, 2024

2024年ゴールデンウィークの営業につきまして


いつも伊野尾書店をご利用いただきありがとうございます。

4月後半から5月上旬の営業・休業についてご案内いたします。


4/29(月・祝) 11:00~19:00営業

5/3(金・祝)~ 5/5(日) 休業

5/6(月・祝) 11:00~19:00営業


どうぞよろしくお願いいたします。


伊野尾書店

April 10, 2024

堤康次郎 西武グループと20世紀日本の開発事業

20240409_154310 


「堤康次郎 西武グループと20世紀日本の開発事業」老川慶喜 著
(中公新書)


大正期から昭和期にかけてリゾート開発から始まって、道路・都市整備、鉄道事業、化学工業事業、百貨店運営…と事業を拡げ続け、西武グループを一代で築き上げた堤康次郎の足跡を膨大な資料からまとめた本。
「よく調べたな」と感嘆する箇所が多く、資料性が高い。これで1,210円は安すぎる。

一方で文献などの資料から当たっているので、康次郎の「やったこと」は残っていても「どうしてそれをやったのか」「どう思っていたのか」については資料からの類推みたいになる。
なので外形的な事実はつかめるが、深い部分ではわからないことも多々ある。
堤康次郎は土地の接収や女性関係の悪い話をしばしば耳にするが、そのあたりには触れられていない。
公式な「資料」が存在しないからではないかと思われる。

ただ、康次郎亡き後のグループ継承に触れた終わりの項で、清二と義明の事業に対しての考え方の違いがどのように表れていたかを分析したくだりは説得力があった。
清二は康次郎と同じく「革新」の考えがあるゆえに老境に差し掛かった康次郎の硬直的な考えと合わなくなり、義明は「理念」がなく「家徳」を守るためだけにグループの王になり、後年時代から追われるようにコンプライアンス違反で退場した、と。
この二人に関しては資料や記録がいろいろ残っていたからだろうか、とても深淵に迫っていると思う。

あらためて読むと若き日の堤康次郎は「日本のために」「普通の市民のために」という社会奉仕の心情があったように思う。
自分で考えた道筋を通すために乱暴な部分、無理を通す部分もあり、感情ではなく勘定を優先できる部分もあり、献身的な部分もあった。
それらを同居させたまま、強いパッションで世界を変えていった。

戦前・戦中の池袋がスラムだったとか、もともと池袋線は巣鴨発着の予定だったのが池袋に変わったとか、伊東から下田を結ぶ伊豆急行は康次郎の駿豆鉄道を出し抜く形で落下傘的に東急が作ったとか、60年代の箱根山戦争では対立する事業者の車を通さないよう道路を塞いだとか、知らない話が山ほどあって面白かった。
いかんせん「全部載せ」になって一つ一つの話が長いのが玉に瑕だけど、そこも「時代背景と詳細を押さえる文献」を目指していると捉えるなら評価すべきものかもしれない。

私が子供の頃、父が連れて行ってくれた豊島園、ユネスコ村、西武園ゆうえんち、西武球場、秩父、箱根。
すべて堤康次郎が作った観光地だ。
康次郎が開発したひばりヶ丘、東久留米、清瀬といった池袋線沿線の街には中学高校の友達が何人か住んでいた。
大学生の時に遊びに行った伊豆、軽井沢も康次郎が開発した。
上流階級だけのものだった「観光」を中流階級にも開放するという目的のために。

東京の西武線沿線に住む私は、かつて堤康次郎が思い描いた世界に生きている。
康次郎が今も生きていたら、東京ディズニーランドや越谷レイクタウンをどう思うのだろう。

 

«2月の営業につきまして